忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/03 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

川柳2014/3/5

祈り〜高橋大輔選手に捧ぐ〜

立ち尽くす君の笑顔の消えた朝

しあわせを引き寄せるもの奪うもの

こんなにも無力なわたくしの右手

神よあのひとの孤独を埋めたまえ

立ち上がる それでも前を向くために

拍手[9回]

PR

震災とスケーター

 平成七年一月十七日午前五時四十六分。私の住む街・神戸を巨大地震が襲った。
 阪神淡路大震災。あの日たまたま早朝に目覚めていたおかげで、私は本棚の直撃を免れた。倒れた本棚は私の枕に深く沈み込んでいた。もし寝ていたら、おそらくただの怪我では済まなかっただろう。
 外に出ると、町の姿は一変していた。寒風の中あちこちに上がる真っ赤な炎。不快な臭いとともに巻き上がる黒煙。焦げたようなどす黒い曇り空の下に鳴りひびくサイレン。避難した体育館で毛布にくるまると、あちこちから聞こえるすすり泣きの声……。今でもあの日を思い出すと、胸がかきむしられるような思いがする。十九年経った今でも、私は真っ暗な中では眠れない。

 あれから十九年。神戸は見事に復興を果たした。そしてあの日まだ生まれたばかりだった少年が、五輪の金メダリストになった。

 

 羽生結弦選手。ソチ五輪フィギュアスケート男子チャンピオン。「今日の僕は世界一幸せです」まだ十九歳の彼は、ちょっと恥ずかしそうに、そして嬉しそうにメダルを掲げた。栄光に輝いても「納得のいく演技ではなかった。これからが本当の勝負です。早く練習してもっとうまくなりたい」と謙虚に語る聡明な瞳。まだあどけなさの残る顔が、震災のことを聞かれた時、急に引き締まった。
「僕はとても無力です。ここまで来られたのは、仙台の先輩たちやみなさんの支えがあったからです。これから金メダリストとして、被災者のみなさんのためにできることがあるのではないかと思います」

 

 三年前の三月十一日午後二時四十六分。神戸の数百倍の巨大地震が東日本を襲った。
 その時羽生選手は、仙台のリンクで練習中だった。スケート靴を履いたまま、無我夢中でリンクを飛び出したという。実家も被害を受け、ライフラインも途絶え、避難所で余震に怯えながら過ごした日々。一度はスケートを諦めようとさえ思った少年は、しかしリンクに戻ってきた。
 震災の翌月、関西のスケーターたちの呼びかけによって神戸で開かれた「東日本大震災チャリティ演技会」。ここで羽生選手は演技を披露し喝采を浴びた。
 あの日彼は、東日本の被災者の思いを背負うことを心に決めたのだ。たった十六歳で。

 

 仙台のリンクは復旧に半年近くかかった。その間、彼はショーで全国を転々として、ショーでプログラムを披露し、試合の練習がわりにしていた。誰よりも早く練習に来て、一緒に出演するスケーターからアドバイスを受け、ジャンプのコツなどを貪欲に学ぶ。そうやって逆境をチャンスに変えたのだ。

 そうして彼は怒涛の快進撃を続ける。世界選手権銅メダル、グランプリファイナル優勝、全日本選手権二連覇、そしてソチ五輪金メダル。
 もちろん彼の才能は素晴らしいものだし、いずれ世界のトップに躍り出るということは、ファンや関係者の間では自明のことだった。だが、こんなにも早く世界の頂点に立つ日が来るとは思わなかった。少なくとも、あの震災の経験が彼の成長を促したことは間違いないだろう。


 「東日本大震災チャリティ演技会」は、毎年神戸で開催されている。出演するスケーターもスタッフもみなボランティア。会場では出場選手のウェアやグッズのオークションが開かれる。演技会終了後には選手たちが長時間にわたり観客に募金を呼びかける。チケット代やオークションの収益、募金はすべて東日本大震災への募金に当てられる。当日来られないが募金したいと望むファンのために振込口座も開く。
 少しでも被災者の力になりたい。スケートを通じて、被災者のこころを明るくしたい。
 羽生選手は日程の調整がつかないためか、ここ二年は出演していないが、思いは他のスケーターたちと同じだろう。
 私も毎年、この演技会に足を運んでいる。かつて被災者だった、かつての被災地・神戸に住む、フィギュアスケートのファンとして。


 十九年前の震災直後は、私も何かを楽しむという余裕がなかった。仕事を探し、瓦礫だらけの街を歩き、生活するのに精いっぱい。それでも街が甦るうちに、少しずつ心にゆとりが生まれた。誰にもいずれ死は訪れる。だったらせいぜい楽しまなくちゃ。徐々にそんなふうに思うようになった。そして病気をきっかけに教師を辞めた時、これからは好きなことを好きなようにやろう、と決めた。
 そうしてトリノ五輪シーズンから、大好きだったフィギュアスケートを見に行くようになった。


 ソチ五輪唯一の、日本男子初のフィギュアスケートの金メダリスト、羽生結弦選手。聡明で美しい容姿、情熱ほとばしる演技。メディアは彼を連日追い回し、次々と番組や雑誌の特集が組まれる。震災からの復活劇は、ことさらにドラマティックに語られる。まだ十九歳の少年を、これからどれほどの重圧が襲うのかと心配になる。
 羽生選手も、自分のために精いっぱい楽しんで欲しい。
 誰のためでもない、彼自身のために。この世にある幸せを、たっぷりと味わってほしい。
 ただ彼が輝いている姿を見ることで、幸せになる人が、この世にはたくさんいるのだから。

拍手[115回]

ソチ五輪女子FS

ソチ五輪、女子フリー終了

真央ちゃん素晴らしかった!
もう、得点がどうとか、メダルがどうとか、そんなことどうでもいい。
歴史に残る、みんなの心に残る演技。
この演技が見られて本当に幸せです。

そして最終グループ!
みんな凄かった!神演技続出!
まさしく歴史に残る、永遠に語り継がれるべき大会でした。

アデリンカ、金メダルおめでとう。
ユナちゃんも素晴らしかった。銀メダルおめでとう。
そしてカロちゃん!やっとここまで来たね。銅メダルおめでとう。

みんなみんな素晴らしかった。
フィギュアスケートって、本当にいいなあ。

そして、真央ちゃん。
真央ちゃんの笑顔が、満足した顔が見られてよかった。
ありがとう。ありがとう。本当に、ありがとう。
あなたのファンでよかった。


  金色に輝く氷上の笑顔  美輪

拍手[5回]

ソチ五輪SP

SP終わりました


大ちゃん、頑張ったね。

膝の調子はやっぱりあんまりよろしくないんだなあと。
たぶん、「クワド回避すれば95点くらい出た、戦略ミスだ」という意見もあるでしょう。
けど、そうはしない、できないのが高橋大輔なんだよ。
あくまでも「自分にできる精一杯のことをする」。いつでもそう。

今の状態で4位というのは、ラッキーというかなんというか・・・・・。
団子状態もいいところなんですが・・・・・。
てか、13位までほとんど差がないってどうよ?


・・・・まぁ、宇宙人二人は置いといて。
FSは自分史上最高の演技を目指してください。

がんばれ、大ちゃん。

拍手[6回]

川柳2014/1/17

震災の記憶
1・17今年も一つ年を取る

瓦礫から生まれた私の川柳よ

震災の記憶の奥に輝く火

東へ西へそして遠くの友の声

新しい言葉を紡ぐための朝

拍手[0回]

今さら全日本2013(第三日)

というわけで実家で新年を迎えた美輪さんですおはようさん。
皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

さてさて、一応川柳Blogらしく、年末年始の川柳をアップしたところで、再び今さら全日本のレポなんぞお送りしましょうかね。ま、こんな時期ハズレのレポ読む人がどんだけいるかわかりませんけど、半分は記憶の整理のために、半分は自己満足のためってことで(←結局自分のためかいな)。テレビに映ってない選手のことも少しはお伝えしたいしね。

それでは行ってみましょう。美輪さんの愛と独断と偏見とえこひいきたっぷりにお送りする、今さら全日本2013第三日レポでぇす( ´ ▽ ` )ノ

拍手[1回]

川柳2014/1/1

賀正

新年の馬たてがみを靡かせて
勝鬨を上げてきらきら光る汗
今年こそ今年こそはと立ち上がる
闇を抜けいま少年は青年に
やわらかい朝あけましておめでとう

拍手[0回]

題詠100句2013

「新」新しい私に会える朝が来る
「甘」君と二人でこんなに甘すぎるケーキ
「各」関係者各位 私は元気です
「やがて」やがてまたあなたに帰るブーメラン
「叫」わたくしの中の私が叫びだす
「券」あなたへの回数券が切れている
「別」ここでお別れ今日でお別れ 雨が降る
「瞬」一瞬のためらいからのさようなら
「テーブル」欲しい物ならテーブルの上にある
「賞」わたくしの一等賞はいつも君
「習」手習いのついでに書いたありがとう
「わずか」縋りつくわずかばかりの思い出に
「極」迷わない北極星は中天に
「更」本当の私に戻る更衣室
「吐」しっかりと笑え思いを吐き出して
「仕事」仕事だからねやらなきゃならないからね
「彼」彼の人も見上げているか星光る
「闘」決闘のようにあなたに会いに行く
「同じ」なんだかんだとこうして同じ空の下
「嘆」賽は投げられた嘆いても始まらぬ
「仲」仲良しで愛想笑いの日が過ぎる
「梨」どうしても許せないこと梨かじる
「不思議」今ここに君と二人でいる不思議
「妙」ここへきて妙な話になりました
「減」しあわせを半減させる物思い
「期」ただ一人一期一会の人でした
「コメント」君のことノーコメントで通します
「幾」幾つもの山越えて来たはずの恋
「逃」逃げ出した私を野良猫が笑う
「財」一番の財産 君といる時間
「はずれ」はずれ籤引いて真昼のかくれんぼ
「猛」猛暑から酷暑残暑と折り返す
「夏」また一つ大人になって夏休み
「勢」勢いのままに流れて流されて
「後悔」後悔はないと自分に言い聞かす
「少」少しだけ本音を言えば好きでした
「恨」置き手紙恨みつらみを書き連ね
「イエス」今度こそ君にイエスと言わなくちゃ
「銃」また恋の散弾銃の乱れ撃ち
「誇」血統書付きの尻尾の誇らしげ
「カステラ」大切な話カステラ厚く切る
「若」カルピスで語り明かした若かった
「憤」許されてしまって薔薇の憤り
「日本」ひらがなのカーブ日本語美しい
「喋」お喋りはそこまで 風が騒ぎだす
「間」間の悪いことにあなたを好きになる
「繁」誰も知らないところでコスモスの繁茂
「アルプス」街の魅力に気づいたアルプスの少女
「括」カギカッコひとつで括られる二人
「互」お互いに少し疲れて秋の海
「般」コーヒーショップ一般的なお付き合い
「ダブル」忘れてあげようかダブルの水割りで
「受」受話器から漏れ出すあなたへの想い
「商」走りだす商店街のど真ん中
「駄目」駄目出しをされてしまった君と僕
「善」善人になったつもりの女郎花
「衰」思い出はキラキラ衰えはしない
「秀」天才になれず秀才にもなれず
「永遠」つなぐこの指 永遠はないけれど
「何」何度でも言うから ちゃんと言うから
「獣」わたくしの中の獣を野に放つ
「氏」ツイッター氏名不詳のままでいる
「以上」本当にあなたを好きでした 以上
「刑」極刑に処されるわたくしの心
「投」投げ出した足の置き場がわからない
「きれい」ほめられてきれいになってゆくわたし
「闇」ひとつ闇抜けてさらなる深い闇
「兄弟」ふと思う東京にいる兄のこと
「視」君を見る動体視力また落ちる
「柿」柿の渋 言いたいこともままならず
「得意」いつかあなたのお得意様になってやる
「産」まっさらな言葉をここに産み落とす
「史」今やっと私の歴史動き出す
「ワルツ」さみしいとつぶやく黄昏のワルツ
「良」良心の許す限りは君に会う
「納」納得の行くまで話す夜明け前
「うっすら」くちびるに恋唄うっすらと紅く
「師」先生の背中に見えた赤とんぼ
「悪」自己嫌悪だらけの街にまたひとり
「修」にぎやかに修学旅行の生徒たち
「自分」まだわたし自分を許せないらしい
「柔」柔らかくなって明日に備えます
「霞」愛ですか 霞のように消えました
「左」空っぽのまま左手の薬指
「歯」やっぱりあなたは歯ごたえのない男
「ぼんやり」ぼんやりと思う昨日の悩み事
「餅」まんまるなお餅のようなしあわせよ
「弱」わたくしの弱い部分を突くセリフ
「出口」この恋の非常出口が見つからぬ
「唯」離さない 唯一無二の人だから
「鯨」シロナガスクジラの夢を見ましたか
「局」お局と呼ばれる年になりました
「衆」群衆のひとりとなって街の中
「例」生きてゆく例えば君をなくしても
「季節」十二月季節通りに雪は降る
「証」大丈夫不在証明してあげる
「濁」もう何も言わず真冬の濁り酒
「文」かくかくしかじか一文をしたためて
「止」一年の最後に恋も小休止

お題は「題詠Blog2013」からいただきました。

拍手[0回]

今さら全日本2013(第二日)

というわけで無事実家に着いてぐっすり寝てまったりしている美輪さんですおはようさん。
ちなみに帰宅した時はCSでは全日本が放送中のようでしたが、うちの実家はCSは入りませんヽ(;▽;)ノ
いいもん!年明けのBSは見るもん!ヽ(;▽;)ノとりあえず私の頭の中の全日本を語ります!ヽ(;▽;)ノ

てなわけで、例によって愛と独断と偏見とえこひいきたっぷりにお送りする、美輪さんの今さら全日本2013第二日レポでぇす( ´ ▽ ` )ノ

拍手[1回]

今さら全日本2013(第一日)

というわけで仕事納めも済んで実家に向かう電車の中で久々にBlogなんぞかいてみようかなと思って取り組んでいる美輪さんですこんにちは。
いやー、電車間に合って良かった〜( ̄◇ ̄;) うっかりのんびりお昼食べてるうちに時間読み間違えて、せっかく予約した電車にもう少しで乗れなくなるところでした…( ̄◇ ̄;)
ともあれこれで2013年の仕事も(職場のは)終わり。あとは校正と添削と選と残ってますが、そのへんは実家でぼちぼち片付けましょう。…え?部屋の片付けはどうしたって?…ま、それはこっちに置いといて(←おぃ)。
とにかく我ながら今年もよく頑張りました。来年はもう少し部屋の片付けも川柳もBlogも頑張ります(←)

さて、ものすごい戦いになった全日本から一週間。ようやく世間も落ち着いてきたかと思いきや、案外そうでもないのね〜。やっぱり五輪を控えた年末だけあって、テレビもTwitterもなかなかに姦しい。選手の皆さんが少しでも心穏やかに過ごせるといいのですが…。

さてさて、それでは愛と独断と偏見とえこひいきたっぷりにお送りする、美輪さんの今さら全日本2013観戦レポその1でぇす( ´ ▽ ` )ノ

拍手[2回]

カレンダー
02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]