忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/03 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジュネーブ珍道中2

というわけで興奮のアイスレジェンド観戦から早一週間が過ぎて普通の生活に戻ってまだ長旅してきた実感が湧かない美輪さんですこんばんは。
いや~素晴らしいショーだった!\(^o^)/ 楽しかった!\(^o^)/ 本当に、これこそ私の理想のアイスショーというべきものでした!\(^o^)/ はるばる見に行って本当に本当に良かった\(^O^)/ テレビで放映あると知ってれば行かなかったかもしれないけど(^_^;)
ともあれ、無事に一人で手配して一人で行って一人で帰ってきました!\(^o^)/ ……とはいえ、もちろん私のことだから、思いっきりやらかしたことはすでに前記事でもおわかりですね?
それでは旅の残り、ジュネーブ最終日の珍道中をお送りしましょう。

ジュネーブから帰る朝。前夜の興奮も冷めやらぬ中、いつものように早朝に目が覚めて二度寝。再び起きて、とろとろ支度しながら荷物をまとめ、その日の計画を練りました。この日は夕方の便でジュネーブを発つ予定なので、日中はまるっと時間があります。そこで前日乗り損ねたミニトレインでの市内ツアーに行くことに。もし時間あったら別のルートのトレインも乗ってみよう。美術館か博物館にも行きたいな。せっかくのジュネーブ48時間パス、有効に使わなくちゃ!

朝ごはんは買ってきたパンとサラダとチーズでOK。シャワーして着替えて荷物をまとめて、歩き回るのは身軽にショルダーと手提げだけに。あとの大きい荷物はホテルに預けておけるよね?
部屋を出る前に何度も何度も忘れものがないかチェックして、フロントでチェックアウト。「冷蔵庫の中のものは召し上がりましたか?」いいえ。「では市税のみお支払い下さい」はーい。それから夕方まで荷物を預かって貰えるか尋ねると、どうぞと言われたのでスーツケースを預かって貰う。メルシー!\(^o^)/

さあ、市内観光に出発です。昨日乗りたかった旧市街ツアーの乗り場は、一日経ったらやっぱりよくわからなくて、一人ではたどり着けそうにない気がする( ̄◇ ̄;)。これは無理しないで、間違えずに行ける乗り場の別のトレインに乗ろうかな。そこでレマン湖の畔に行って、チケット売り場のお兄さんに48時間パスを見せて聞くと、「旧市街?そのトレインは向こうの乗り場だよ」とまた言われる。わかってます!(>_<。) わかってるけどその乗り場まで行く道がよくわからないの!(>_<。) とにかくこのトレインでいいから乗りたいと言うと、まだ時間があるから待ちなさいと言われる。そこでぶらぶらと湖畔を歩くも、雨はしとしとを通り越して本降りになってくる(×_×)。
 
少し早いけどまた乗り場に行くと、お兄さん(運転手さんだった)もしゃーないなあ、という顔して「今日はこのお天気だからお客さんいないんだよね。まあ、トレインに乗って待ってなさい。このトレインは一回りしたら向こうの乗り場に行くから、このツアーの後で次のトレインに乗りなさい。時間を確認しておきなさいよ」。てなわけで、とにかくトレインに乗り込みました。
 

20分ほど待っても誰も他に乗る気配がない。結局ツアーが始まっても私一人だ~!(・д・`)……ま、いいか。イケメンの運転手さんを独り占めってことで(←おぃ)。
 
乗っていると橋の反対側の乗り場まで移動して止まりました。「ちょっと待ってらっしゃい、もう少ししたら出発するよ」そこに旧市街ツアーから戻ってきた別のトレインが。……そうか、さっきの乗り場は臨時の乗り場だったのね。本来はここからどちらのツアーもスタートするのか。旧市街ツアーは人気のようで、何人ものお客さんが降りてきました。こっちも後で乗れたらいいな~。
とかなんとか思ってるうちに、いよいよツアーの出発です。48時間パスをスキャンしてもらい、チケットを受け取って、トレインが走り出しました。

私の乗ってるトレインは、90分ほどで国際都市としてのジュネーブの歴史とパノラマを楽しむコース。しかしツアーの英語の音声案内に「左に見えるのが○○です」「右には○○があります」って言うたびにiPhone構えて写メするけど、何しろあいにくの雨、雨、雨。
 
 
小高いところに来ると「パノラミックな景色を楽しみなさい、写真撮るといいよ~」と音声ガイドが言うのでトレインをちょっと降りたけどやっぱり雨。
   
これ、昨日みたく良い天気だったら、ものすごーく楽しかっただろうなあ(T_T)
それでも有名なパレドナシオン、国連本部やWHOの建物、赤十字の本部、エリザベート皇后のモニュメントなど、一通り見てきました。途中でカップルが乗り込んできてイケメン運転手さん独り占め終了(←おぃ)。音声ガイドでは、スイスの歴史と国土についての説明もありましたが、私の貧弱な英語能力では半分ほどしかわからない(_ _)。よくこれで一人でツアーなんかに参加したもんよねえ。
   

     

 

 
ぐるっと回って再び花時計のところを通り、乗り場に戻ってきてツアー終了。運転手さんにお礼を言ってトレインを降りました。旧市街の次のツアーもすぐスタートするみたいだけど、もうお昼を回っておなかも空いたし、雨のせいで気温も下がって寒くてしかたない。このままこのトレインに乗ったら絶対風邪引くよねえ。

というわけで、お昼を食べるところを探すことにする。とにかく寒い!何か温かいものが食べたいなあ。橋を渡って昨日歩いた辺りをちょっとうろうろしたけど、ホテルの近くの方が何かと便利だろうと、駅の方に戻って宿の隣の建物のカフェバーに入りました。
メニューを眺めてしばし考える。せっかくスイスまで来たんだし、チーズフォンデュにしようかな。うん、そうしよう!お願いします!チーズフォンデュとビール!\(^O^)/
そして出てきたのは、ビールと熱々のフォンデュ鍋と大量のパン!
 
ビール飲みつつ熱々のフォンデュに付けて食べるパンの美味しいこと!\(^O^)/しかしこれ全部食べたらおなかはち切れるわ(^_^;)。さすがに出されたパンの半分くらいでギブアップしました。

支払いを済ませて再び観光に行けるかどうか算段。雨は容赦なく降っている。外を回るツアーはもう止めて、どこか近くの美術館か博物館くらい行けないかな?しかし一時間やそこらで回るにはちょっと時間が足りなさそう。これは少し早いけど、空港でお土産見ながら時間つぶした方がいいかも。
そこでホテルに引き返し、預かって貰った荷物を受け取って、駅に向かいました。空港行きの電車に乗り込むと、ほっと一安心。これで無事に日本に帰れる(多分)。

電車はほどなく空港に到着。ああ、着いた日にわかっていれば、タクシーなんか使わなかったのに(-_-;)。
まずはターキッシュエアラインのカウンターで、航空券を出して貰おう。しかしさすがにちょっと早く来すぎて、まだチェックインカウンターが開いていない。受付のお姉さんに聞くと、あと30分くらい待ちなさいとのこと。しかたない、空港内をうろうろしてお土産を探そう。
しかしジュネーブ空港って、めっちゃコンパクトなのね。これは神戸空港よりちっちゃいかもしれない。さすがの私もこれは迷わないぞ。
こうと知っていれば、もっとゆっくり市内観光したのに……。ああ、旧市街ミニトレイン……。ああ、美術館……。

ともあれ、お土産にチョコレートと絵はがきを買い、チェックインカウンターも開いたので列に並んで、受付のお姉さんにバウチャーを見せる。「中国語はわかりません」……いや、だから私は日本人だってば。これは往復の航空券のバウチャー!これが帰りのチケット!私この便に乗るの!
ようやくわかってもらって、パスポートを出して航空券を出してもらい、手荷物検査を受けて出国手続きを済ませ、出発ロビーの方に向かう。まだ時間たっぷりあるな~。ちょっとビールでも飲もうかしらん。
 
さあ、いよいよ帰国の途に就きます。再びイスタンブールを経由し、翌日の夕方には関空。短い滞在だったけど、イスタンブールもジュネーブも少しは観光もしたし、何より素晴らしいショーが見られて、満足!\(^o^)/ 帰国したらすぐまた仕事。よし!頑張って観戦資金貯めるぞ!(←おぃ)

以上、美輪さんのどたばたジュネーブ珍道中その2でした。ではでは~。

拍手[0回]

PR

ジュネーブ珍道中1

とういわけでスイスを出て再びイスタンブール空港に降り立った美輪さんですこんばんは。
大丈夫!ヽ(;▽;)ノ今回はトランジットだけで出国はしないから!ヽ(;▽;)ノ空港の中をさまようのは、乗り継ぎのためだけだから!ヽ(;▽;)ノ←
もう今回は、行きで懲りたから余計な移動はしません。搭乗口がわかるまでの間に、ちょっと空港内でおみやげを見て回っただけで、ゲートがわかるとすぐにそっちまで移動しました。しかしあと1時間半、ビールばかり飲んでたら出来上がってしまう。
てなわけで、乗り継ぎ便が出るまでに、ジュネーブ珍道中をお送りしようかと思ったら、ここのWiFi軟弱すぎて全然役に立たないのねヽ(;▽;)ノ行きの時もそうだったんだけど、ちゃんとWiFiマークは出てるのに全然繋がりゃしない。仕方がないので、とりあえず忘れないうちに、イスタンブールを出てジュネーブに到着してホテルに行くまでと、ショー以外のジュネーブ観光について、つらつらと書いてみましょう。

イスタンブールからエアバスで、およそ3時間半。ちょっとだけ定刻より遅れてジュネーブ空港に到着しました。
間に軽食が出ました。


今回はエクスペディアで空港からの送迎サービスを申し込んでる。きっと出口のところにリムジン(といっても普通車だけど)が待ってるに違いない。こちらの顔なんて知らないだろうし、名前のカードかなんか上げてくれてるんじゃないかな。しかし出口のところでウロウロしても、それらしき人はいない。あれかな、と思って近づいたら、違う人の名前を上げてるし。うーん、どうなってるんだろう。仕方なく空港のサービスカウンターのお姉さんに聞いてみる。
バウチャーの印刷を忘れたので、スマホのアプリの画面を見せると、「中国語はわかりません」と言われる。いや、中国語じゃなくて日本語なんですけど。とにかく、私はリムジンサービスをリザーブした、けど車が来ないようだ、と言うと、「リザーブしたならここで待ってらっしゃい」と言われる。うーん、やっぱりそうか。飛行機遅れたせいで行き違いになってるんだろう。仕方ない、もう少し待ってみよう。
その間に、借りてきたWiFiが繋がらないか確認しておこうと、荷物からレンタルWiFiを取り出してスイッチを入れてみる。しかしWiFiマークは出ない。パスワード入れる画面は出ても、違うWiFiに繋げては意味がない。これはジュネーブ空港のWiFiに繋げた方がいいのかな?しかしこちらも携帯にパスコードをSMSで送ってもらわないと繋がらない。送ってもらうにはいったん機内モードをオフにしないと。あれ?でもSMS来ないよ?どうなってるんだろう。

悪戦苦闘してふと時計を見ると、もう日付が変わろうとしている。空港に到着してからすでに1時間。いくらなんでもこれはおかしい。とりあえずホテルに連絡しとかなきゃ、と、電話をかけてみる。フロントの人に名前を言って、私は今夜そちらに泊まるけど、頼んだリムジンサービスが来ない、と下手な英語で説明する。「タクシーでホテルまでお越しください、マダム」…いや、だからね。そのリザーブした車が来ないんだってば。「うーん、とにかくタクシーでお越しください」とフロントの人。わかりました、では後ほど、と言って電話を切る。うーん。これ、実費で請求来ちゃうかなぁ?
とりあえずもう一度空港のWiFiにチャレンジ。国ナンバーを入れて改めて携帯番号を送信して、やっとパスコードがわかった!\(^o^)/これでとりあえず、WiFiは使えそう。借りたWiFiは、後でホテルで確認しよう。

そうこうするうちに日付が変わり、いよいよ怪しいことになってくる。やっぱりリムジンサービスは来ない。もしかして、いやもしかしなくても見捨てられたか?ヽ(;▽;)ノ
とうとうあきらめて、外に出てタクシーの運転手さんたちに聞いてみる。リムジンサービス?いないねぇ。そういう車はもう全部出払ってるよ?…そんなぁ!ヽ(;▽;)ノ
どこまで行きたいのかと聞かれたので、ホテルの名前を言うと、OK、わかったから乗っていけと言われる。仕方ないのでタクシーでホテルに向かう。せっかく予約したのに、あの分はそのまま請求されちゃうのよねヽ(;▽;)ノ 正味1時間半無駄にして、お金も無駄になっちゃったけど、なんとかホテルにたどり着きました。
後でよくよく確認したら、そもそもリムジンサービスは、ジュネーブ到着の前に電話かメールでリコンファームしなきゃいけなかったと判明。しかもバウチャーは絶対必要、印刷しておけ、と。要するに私がしっかり確認しておかなかったのがいけなかったわけねヽ(;▽;)ノ

美輪さん は ジュネーブ に ついた! 空港 で リムジンサービス に にげられた! レベルが 2 さがった!
美輪さん は タクシー に のった! 電車で行けば 安くて早い! 美輪さんは 電車が わからない! タクシー代を 課金した!

フロントで名前を言うと、はい、2泊ですね、カードをお願いしますと言われる。支払いに使ってるカードを出すと、暗証番号をと言われる。しかし8桁???えー??わからない…ヽ(;▽;)ノいや、普段日本でしか使わないし、番号じゃなくてたいていサインで済ませてるから、番号忘れちゃったよヽ(;▽;)ノ 覚えてない、忘れちゃったと言うと、パスポートを見せるよう言われる。そして改めて暗証番号は思い出せない?と聞かれて、無理、忘れた、と言うと、サインでOKにしてくれました。やれやれ。


美輪さん は ホテル に ついた! フロントの格闘! カードの パスコード が わからない!
パスコードを
入れる
入れないでサイン←

やっとルームキーをもらい、部屋に荷物を置いて着替えて落ち着いて、ホテルのWiFiは問題なく繋がることを確認。とりあえず、心配してるかもしれない仲間に、無事ホテルに着いた報告メールを送ってから、エクスペディアのページに行ってみる。キャンセルは当日は無理、返金もなし。…そうよね、そうよね〜ヽ(;▽;)ノわかってますよ。ちなみにここのホテル、駅の真ん前だから、もし電車でのルートがわかっていたらタクシー代要らなかったのね。つーことは、およそ1万円近く余分にかけちゃったってことかしらんヽ(;▽;)ノ

まあいい。とにかく無事に1人でイスタンブールも観光したし、ジュネーブにも到着してホテルまでたどり着いた!ヽ(;▽;)ノ 方向音痴、語学からきし、おっちょこちょいの私にしては上出来!ヽ(;▽;)ノ

明日は夜のショーまでたっぷり時間があるし、ジュネーブ2日間パスも買ってる。11時半からのミニトレイン観光も予約してるし、しっかり見て歩くぞ〜!今度こそ間違えずに、しっかり観光するぞ!ヽ(;▽;)ノ

そして翌朝。1度は5時すぎに目が覚め、もう一度寝直して8時ごろシャワーを浴びて、出かける仕度を始めました。
泊まっているホテルは駅の真ん前なので、どこかで迷子になりかけても駅へ戻ればいいとわかっているからとても都合がいい。とにかく今日は市内を観て回ろう。まずはジュネーブ観光パスを受け取りに…あ!ヽ(;▽;)ノこれもそういえば印刷してなかった!ヽ(;▽;)ノ またややこしいことになると困るから、まずはホテルのビジネスサービスでプリントアウトしよう。

そこでフロントに行って、下手な英語で私のビジネス文書をプリントアウトしたいと言うと、2度聞き返されたけど何とか理解してもらえて、ビジネスサービスのところに連れてきてもらった。そこのパソコンでネットに入り、エクスペディアジャパンを検索し、ログインして自分のページに入る…あれ?ヽ(;▽;)ノこのパソコン、キーボードの@の位置が違うヽ(;▽;)ノ フランス語圏だからフランス語用のキーボードになってるんだ。フランス語用では、@は数字の2と同じキーだけど、shiftを押しながらキーを叩くと"が出てくる。…えーとヽ(;▽;)ノこの場合どうしたらヽ(;▽;)ノ ログインするにはメールアドレス入れなきゃいけないんだけど、@なしでは入れられないヽ(;▽;)ノ …えーと、shiftとCtrlキーを押しながらでは…違うヽ(;▽;)ノtab押しちゃったヽ(;▽;)ノ あ、こっちはnumロックだったヽ(;▽;)ノ えーん!ヽ(;▽;)ノ
悪戦苦闘の末にようやく@入力に成功!ヽ(;▽;)ノそしてマイページにログインできた!ヽ(;▽;)ノ
そこで自分の旅程のページに行って、ジュネーブ2日間パスのバウチャーを印刷。…あれ?ヽ(;▽;)ノプリンターは?動いてる?ちょっと反応が遅かっただけでちゃんと印刷してたのに、2回も3回もプリントアウトキー押したから3部も出てきちゃいましたが、とにかくプリントアウトに成功した!\(^o^)/ ついでに帰りの飛行機の分も印刷しておこう。…あれ?ヽ(;▽;)ノ帰りの飛行機だけのバウチャーってないのね。往復で取ったから、全日程のページがそのままバウチャーになってるんだ。まあいい、これもプリントアウト…今度は用紙切れヽ(;▽;)ノ紙入れるところってどこ?あ、ここか!よし!セットしたぞ!無事プリンターが動いて、またまたバウチャーが2部出力されましたヽ(;▽;)ノだから1部でいいんだってばヽ(;▽;)ノ …いいや、とにかく出力できた!これで英語が伝わらなくても何とかなる!

美輪さん は ビジネスサービス に 行った!
パソコンの キーボード の 位置が ちがう!
@マークが 出てこない!5回目で できた!
マイページに ログイン!
美輪さん は バウチャーを プリントアウト した! 用紙が 切れた! おちついて 補充 する!
プリントアウト した!
3部 でてきた!用紙の むだづかい! しかし プリントアウト を クリア した! レベルが1 あがった!

そしてようやくお出かけ。朝ごはんは日本から持ってきたフリーズドライのお粥で済ませたので、お昼まではお腹も大丈夫。さあ、まずはこの観光案内センターに行こう。
WiFiは無事繋がっているので、googleマップで案内センターの場所を確認する。ここの駅からレマン湖の方に行けばいいのね。


レマン湖畔を歩いて、それらしき所を探すけど、なんか違うヽ(;▽;)ノ えっと、また街の方に戻るのか…ヽ(;▽;)ノ 落ち着け、私にはgoogle先生が付いている!ヽ(;▽;)ノ 再び案内センターの位置を確認しながら街をウロウロ。あったー!ヽ(;▽;)ノ そこで受付のお姉さまにバウチャーを見せると、「中国語は読めません」またかー!ヽ(;▽;)ノ違うの、私は日本人!これはエクスペディアジャパンのバウチャー!ヽ(;▽;)ノ私、ジュネーブ2日間パス買ってるの!ヽ(;▽;)ノお願い、わかって!ヽ(;▽;)ノ 年上のお姉さまが交代して、バウチャーにあるバーコードを見て理解してくれたようで、パスポートとバウチャーバーコードを読み取って無事に手続き終了!2日間パスが発行されました!\(^o^)/

お姉さまはゆっくりと英語で教えてくれました。「このパスで、市内の観光スポットがお得に見られます。公共交通機関はフリーパスです。美術館や博物館も割引があります。他にも市内をめぐるミニトレインも乗れます」…あれ?ヽ(;▽;)ノ私、そのミニトレインを別に予約してるんだけど、もしかして買わなくて良かったの?ヽ(;▽;)ノ とりあえずミニトレインに乗りたいと言うと、湖畔に乗り場がいくつかあるから、そこに行けばいいと言われる。よし!11時30分のツアーに参加するぞ!
ところが私が乗りたいトレインが見つからない。わからなくなってキーセンターを探してそこでまた聞くと、「あなたの今いる場所はここ。トレインの乗り場は3つある。こことこことここ。旧市街コースのトレインはここ。ここを出て、左へ曲がって、もう一度左へ曲がると、橋が見える。大きい橋と小さな橋。向こう岸の小さい方の橋のところが乗り場です」橋ね!ヽ(;▽;)ノよし!あと15分、たどり着くぞ!ヽ(;▽;)ノ

しかしこの方向音痴の私が、そう簡単に到着できるわけがない。当然のごとくに反対方向に歩いてしまって、橋から離れてしまいましたヽ(;▽;)ノ 違う!こっちじゃない!ヽ(;▽;)ノ引き返してきたらミニトレインに運転手さんが乗っているのを発見。えーと、あのトレインのお兄さんに聞けばわかるかな?ヽ(;▽;)ノお兄さんは「旧市街?これじゃないよ」いや、それはわかってるから!ヽ(;▽;)ノそのトレインの乗り場はどこ?ヽ(;▽;)ノ「向こう岸だよ」さっき見かけたあのトレイン?ヽ(;▽;)ノ時間はあと5分。橋を渡ってるうちに3分経過。ああ、間に合わないヽ(;▽;)ノ
結局、11時30分を大幅に過ぎて50分頃にようやく乗り場に到着しましたが、当然トレインはいませんでしたヽ(;▽;)ノおかしい!ヽ(;▽;)ノ私、1時間以上前から動き出したのに!ヽ(;▽;)ノこれは私が間違えずにどこか行くには、2時間はかけなきゃいけないってこと?ヽ(;▽;)ノ


お昼も近づきお腹も空いてきた。トレインは後でまた別のコースに乗ろう。まずはごはん食べられるところに…と、街中を歩き回る。チャイニーズレストラン?ここまで来て中華はねぇ…。スタバやサブウェイもちょっと…。ピザっていうのも違うしなぁ。どうしようか迷いながら歩いているうちに、街はずれの方に出てしまいました。閑静な住宅街?いや、小学校?幼稚園?この辺ではごはん食べられるようなお店はなさそうだな。よし、市街地に戻って…あれ? 公園に出ちゃったよヽ(;▽;)ノ
この公園がまたやたらと広くて、なかなか出られない。ランニングしてる人と何人もすれ違う。とにかく賑やかな方へ行こう…あれ?ここは工事現場?ヽ(;▽;)ノ街はどっちー?ヽ(;▽;)ノ
ウロウロしてるうちに、ようやく大きな道路に出て、パティスリーやブラッスリーのあるところに戻ってきました。もう1時になる。歩き回ってお腹もぺこぺこです。ようやくちょっとオシャレなカフェレストランに入ることができました。
そこで食べたのが、野菜たっぷりスープとパン、白身魚のクリーム仕立て。
ビールは昼は出してないと言われたので断念してアップルジュースを注文。スープはとろみがあって、これも生クリーム入ってるのかな?コクがあってなかなか美味しかった\(^o^)/ 白身魚はフワフワで、ナイフなんて要らないくらい。下にほうれん草が敷いてあって、一緒に食べるとすごーく美味しかった!\(^o^)/
しかしかなりボリュームたっぷりで、とても山盛りのパンは平らげられない。お店の人にデザートを選ぶよう言われてケーキを見る。あんまり甘いもの食べないけど、せっかくだしと、フルーツのケーキをお願いする。
あたためてもらったケーキは、甘さ控えめで酸味のあるフルーツがたっぷりで美味しかった\(^o^)/ これはカシスかな?ブルーベリーではなかった気がするけど、私の舌だから信用しちゃいけないよ←

熱いコーヒーはちょっと濃いめでこれも美味しい。うん、満足!\(^o^)/

美輪さん は お昼ごはん を 食べた!
お店が なかなか 見つからない!
店を さがして 街中を あるいた!
まちがえて 公園 に 出てしまった!
レベルが1さがった!

公園 を 抜ける!
工事現場 に 出た!
引き返して 街中に 戻った!
再び 店を さがした!

スタバ×
サブウェイ×
チャイニーズレストラン×
イタリアン×
カフェレストラン○

カフェ レストラン に 入った!
ちょっと オシャレな コースだ!
お昼ごはんに課金!
満腹に なった!
レベルが1 あがった!

そうして店を出て駅を探すと、すぐ目の前だと判明。…つまり、あんだけ歩き回ってたけど、結局のところホテルの近所をぐるぐるしてただけってことねヽ(;▽;)ノ

とにかく歩き回ってくたくたなので、しばらく部屋で休憩することに。ホテルの部屋でもう一度今日の計画を練り直す。ショーの開演は20時半。開場は18時半だから、かなり早く開くのね。とにかく私のことだから、ギリギリになって行くのは危険すぎる。いくら時間があると言っても、早めに着いておくに越したことはない。よし、目標18時に会場到着ね!
ホテルから会場までのルートをgoogle先生で検索。ふむふむ、路面電車と徒歩で20分くらいなのね。それなら5時半にホテルを出たら充分間に合う!

それまで約3時間。もうミニトレインとか観光とかはやめておこう。ちょっと買い物に出て、ビールと明日の朝ごはんになるようなパンやサラダを買っておこうかな。
そこでホテルを出ると、まずは駅の辺りをウロウロ。
地下街にもカフェとかあるね。でもビールはコープとかの方が安いよね? 少し歩いて食料品店を探し、ビールと小さいサイズのワイン、パンとサラダとクリームチーズを購入。これだけあれば、夜食いっぱぐれても大丈夫でしょう。

ホテルに戻って冷蔵庫にビールとワインとサラダとチーズを入れる。横になって少しとろとろしてるうちに時間が経って、もう夕方の5時!よし、支度するぞ!
プレゼントの人形渡すチャンスはちょっとないかもしれないけど、一応持っていく。会場の寒さレベルはそれほどでもないらしいけど、一応防寒グッズも。あとは財布とスマホとパスポートがあればOK!まーなんて身軽なんでしょう。
そうだ!コンタクト入れなくちゃ。花粉症のせいもあって滅多に入れないコンタクトだけど、メガネなしでしっかり見てきたいので、久しぶりにコンタクトを装着。あれ?なんかあんまり見えてない?また私、近眼の度が強くなったかもヽ(;▽;)ノ
とにかく装着して、入ってることを確認。

5時15分、ホテルを出て駅に向かいます。あっ!ラッピングバスだ!

乗る路面電車のルートを確認。1か15がアカシア駅にいく電車らしい。来た電車の運転士さんに、この電車ですか?と聞くと、反対側だと言われる。またか!ヽ(;▽;)ノ とにかく反対側に回って電車を待つと、すぐ来たので乗り込む。と、何やら係員さんがいっぱい集まってくる。何?と思ったら、電車の中でホームレスっぽい酔っ払いのおじさんが寝込んでいました。係員さんがおじさんを起こすけど、なかなかおじさん動かない。係員さんたち総出でおじさんを強制的に起こして電車から引きずり下ろす。おじさんようやく起きたけど、まだ酔いがまわっているらしく、係員さんがあれこれ聞いてもブツブツと言ってるだけ。もしかしてこのおじさん、無賃乗車の常連さんなのでは(^^;;

美輪さん は 路面電車に のった!
反対方向だった!
反対側の ホーム に むかう!
正しい 路面電車 に のった!
ホームレスの おじさん が いた!
係員さん しゅうごう!
おじさんを 引きずりおろした!
係員さんの 勝利!

電車が動き出し、やがて会場近くの駅に到着。近くと言っても、ここから少し歩かないといけないので、またまたgoogle先生に頼って…あら?ヽ(;▽;)ノWiFi繋がらないヽ(;▽;)ノえー、電池切れかしらんヽ(;▽;)ノ とにかく会場は目の前のはず!ヽ(;▽;)ノ頑張って歩く!ヽ(;▽;)ノ
そうしてウロウロすること10分、会場のセントレアスポルティーフに到着!



やった!ヽ(;▽;)ノ1人で行けた!ヽ(;▽;)ノでもまだ6時前、開場時刻まで30分くらいある。それまでどこか休憩できそうなところは…と、歩き回ってみると、…あら??ここ、なんか見覚えがある。もしかして昼に迷い込んだ公園の近くの工事現場???

何のことはない、お昼ごはんの店をさがして歩き回ってるうちに、この近所を歩いていたみたいです。もしかしたら、私がウロウロしていた頃に、ブライアンや大ちゃんやまおまおもこの辺でランニングとかしてたかもヽ(;▽;)ノ
まぁいい!とにかく1人でここまで来れたんだから、私にしては上等!ヽ(;▽;)ノ


電車が うごいた!
6つめの 駅に ついた!
美輪さんは 駅から 歩いた!
道がわからない!
google先生に 教えて もらった!
会場 に ついた!
美輪さん は 1人で 会場 まで 行けた!
レベルが 1 あがった!

てなわけで、いろいろありましたが、何とか会場まで到着しました。その晩のショーの様子は前記事をご覧ください。
とにかく!1人で街を歩き回って、1人でお昼ごはんのお店に入って、1人で買い物にも行って、1人で会場までたどり着きました!ヽ(;▽;)ノ 予定していたミニトレインは乗れなかったけど、いいさ!ヽ(;▽;)ノ明日があるさ!ヽ(;▽;)ノ明日こそ、明日こそはちゃんと観光するんだから!ヽ(;▽;)ノ←
以上、ジュネーブ珍道中その1でした。ではでは〜。

拍手[1回]

イスタンブール珍道中?2

行ってきました、イスタンブール市内観光!\(^o^)/ めっちゃ楽しかった!\(^o^)/いや〜こんな充実したツアーが、しかもタダで楽しめるなんて!\(^o^)/
案内してくれたイルカーさんというお兄さんは三十代半ば。ちょっとヴォロに似たイケメンで、耳にピアスしてます。ゆっくりと分かりやすい英語で、ユーモアも交えてイスタンブールの街の歴史と建物のあれこれを教えてくれました。




街中にスパイスの香りが漂うと思ったら、あちこちにスパイス屋さんが。


もちろんペルシャ絨毯のお店もある。



お土産物屋さんもたくさんある。



正面にモスクが見えた。

撮影には絶好のお天気。イスタンブールは今は乾季で、ほとんど雨が降らないそうな。雨季は9月から11月、どんよりして寒くて嫌な季節だとか。



ここがランチのお店。
このランチもなんとタダ!パン、ミートボール、豆のサラダにドリンクとデザート付き。お肉のダメな人は野菜のスープと炒め物。ミートボールはボールというよりは平べったくてソーセージとハンバーグの中間の感じ。スパイスの効いた辛味噌をお好みに合わせて付ける。黄色い大きな唐辛子も付いてます。サラダの豆はソラマメかな?バターライスも付いてて、ボリュームたっぷり。欲張ってミートボール平らげちゃったから、後でお腹が苦しくなったよ。


向かいに座ったイルカーさんに、「あなたの名前、イルカーは日本語ではドルフィンですよ」と言ったら、喜んでくれた\(^o^)/私の英語が通じるとは!\(^o^)/←
お店の人からコインをもらいました。ここの慣習かな?お客さんに良いことがありますように、という縁起かつぎのようなものみたい。


レストランを出て、街の見どころを歩きます。地下に埋もれた神殿もありました。

昔この地にあった神殿はギリシャ神殿を模したものだけど、ビザンチン式のものより歴史的には古いのだ、こっちが本家だとイルカーさんは言います。地震のために崩れてそのまま地下に埋もれて、その上に建物が作られました。地下水がかつての神殿をぐるりと囲んでいます。今はこの地下神殿はミュージアムとなっていて、お土産物屋さんもあるし、コスプレして撮影もできます(笑)よくハリウッド映画の撮影にも使われるそうで、ダヴィンチコードもここで撮影したシーンがあるとか。そういえばこの光景、映画で見た気がします。

地下神殿のハイライトは、奥にあるメドゥーサの柱。メドゥーサの顔が横になってるものと逆さになってるものと二本の柱があって、それが水路の中で見世物になっている。何とも不思議な光景でした。


外に出てまた公園を回ります。ドイツの様式のアーチのようなものがあります。コックをひねると地下水が出る。これはドイツとトルコがいい関係だった時代にドイツの皇帝が贈った建造物だそうです。

そこをまっすぐ行くと、今度はエジプトのヒエログリフの描かれた塔が。しかしよく見ると、塔の下には青銅の繋ぎがあり、その下には大理石が、さらに下には石造りの部分が。イルカーさん曰く、これは下からギリシャ、ローマ、ビザンチン、エジプトの4つの時代の象徴とのこと。




公園の中には大きなワンコが何匹もいます。みんなおとなしくて、いい天気の芝生の上で、気持ち良さそうに寝ています。

公園にはコの字形にモスクが並んでます。中でも有名なのは青のモスクとソフィアのモスク。

青のモスクに入る時は、女性はスカーフなどで頭を隠さなくてはなりません。入口で青い布を受け取って頭に巻き、靴を脱いで中に入ります。
中でイルカーさんはイスラム式の礼拝の仕方を教えてくれましたが、異教徒の私たちに無理に勧めたりはしません。イスラム教もキリスト教も仏教も祈る心は同じですよ、とやさしく言いました。



イルカーさんはソフィアの人なので、ビザンチンに対してはちょっとね、という気持ちもあるようでした。

ソフィアのモスクは一部修復中で、全容が見られないのごちょっと残念。でも、そこら中に古いモザイク画やメダイがあって、異国情緒たっぷりでした。





美しい建物や城壁、いろいろなモザイク画。赤のモスクに青のモスク。イスタンブールの4つの時代。キリスト教とイスラム教。ヨーロッパとアジアの2つの顔のある街。様々な民族や宗教の争いによって、破壊されたり塗り替えられたりしてきた。イルカーさんは「私のレストラン」「私の街」「私のソフィア」「私のモスク」と、自分の持ち物みたいに話してくれました。本当にイスタンブールを愛してるんだなぁ、って、なんか微笑ましかった。

ひと通り回って空港に戻るバスに。イルカーさんとはここでお別れです。イルカーさんにまたイスタンブール来てください、明日スタバでお待ちしてます、なんて明るく言われて笑いながらも、さみしい気持ちになりました。

そして空港に向かうバスの中。市内は思いっきり渋滞しています。私の乗る飛行機は定刻通りに出発予定。搭乗開始まであと1時間くらいしかないけど、ま、間に合うのか?ヽ(;▽;)ノ←またか

ハラハラしながらも、5時40分過ぎに空港に到着。すぐに保安検査を受けてパスポートコントロールに向かうと、同じツアーに参加してた日本男性が場所取りしてくれてました。ありがとう!ヽ(;▽;)ノ無事に出国手続きをして、手荷物検査に。問題なく通過して、ボーディングインフォメーションでゲートを確認。け、けっこう遠いゲートなのではヽ(;▽;)ノ でも大丈夫!まだ搭乗開始まで30分以上ある!ヽ(;▽;)ノ
そうして確認したゲートに来たけど、まだ搭乗案内は出ていません。しばらくここで待ちましょう。とにかくここまで無事に来た!ヽ(;▽;)ノもう直前にゲートが変更にならない限りは大丈夫!ヽ(;▽;)ノ←

というわけで、山あり谷あり、ハラハラドキドキの独り旅、イスタンブール市内ツアーダンジョンは何とか無事にクリアしました。
美輪さんは 1人で ツアーに さんか した! なかまが たすけて くれた! 美輪さんの 旅の レベルが 1 上がった!←

搭乗開始時間になって、ゲートに向かいます。パスポートとチケットを見せてチェックイン。飛行機までのシャトルバスに乗りました。シャトルバスの中は顔立ちや言葉から判断するに現地の人たち(多分)でいっぱい。イスタンブールからジュネーブに行く人って、経由していく外国人ばかりかと思ってたけど、そんなことないのね。
そしてジュネーブ行きのエアバスに乗り込みます。ち、ちっちゃいヽ(;▽;)ノ こんなおもちゃみたいなエアバスで行くんだ!ヽ(;▽;)ノ
でも、中に入ってみたら、案外と綺麗で広いの。日本から乗った飛行機より座席も広いし綺麗だわ〜。モニターは共有のものしかないけど、まあ正味2時間くらいだし、映画観るほどでもないよね。
隣の席の黒人のお兄さんはアフリカのどこかの国の人かな?チノパンとジャケットに中折れ帽をオシャレに被ってるのがサマになってて素敵。長い手足がエコノミーシートにはやや窮屈そうです。

ちょっとうとうとしてハッと気づいたら、まだイスタンブール空港。どうやら滑走路が空いてなくて、出発に手間取ったみたいです。そうして午後8時、いよいよ出発。予定ではジュネーブには9時半頃に到着することになってますが、少し遅れるかな?

拍手[2回]

イスタンブール珍道中?1

4月20日、朝の仕事を終えて事務所に寄って郵便整理と原稿のコピーをしてから帰宅。ギリギリまで人形作りに取り組んで、何とか完成、関空に向かう。

JR大阪で安定安心の方向オンチを発揮、バスターミナルを探して右往左往。やっと阪急のところの関空行きのバス停にたどり着く。
午後7時、リムジンバスで関空に向かう。遅れなければ8時には到着する…はず。

午後8時、関空到着。出発ロビーのWiFiレンタルのカウンターでスイス用のWiFiを受け取る。
ターキッシュエアラインのカウンターでeチケットを搭乗券にしてもらう。ANAのマイルもつけて貰えるらしい。ラッキー。
現金を少しスイスフランとトルコリラに両替してもらう。時間が少しあるので、iPhoneの充電をしておく。荷物は機内持ち込み可のスーツケースとバッグなので、そのまま搭乗口まで向かう。
搭乗口には直接歩いて行くんじゃなくて、専用のシャトルがあるのね。知らなかったよ^^;
シャトルを降りて搭乗口へ。思ったよりギリギリになっちゃったけど、とにかく無事乗り込み、荷物を棚に入れて出発。

長いフライトの間、暇つぶしに映画でも、と思ったら、モニターが不調で見られないヽ(;▽;)ノ あれこれリモコンをいじってみたけどダメヽ(;▽;)ノ音楽も聴けないヽ(;▽;)ノ お隣のおねーさんも私のところのリモコンをいじってみてくれたけど、やっぱりダメヽ(;▽;)ノ アテンダントさんに聞いたけど、リセットはしてくれたもののやはりリモコンはどーにもならず、映画は観られないヽ(;▽;)ノ仕方なくフテ寝して過ごしました。・゜・(ノД`)・゜・。

機内食は2回出てきた。メニューが配られたけど、字が小さいし色が分かりづらくてよく見えない。とにかく夜はメインをチキンかサーモンか選んでね、朝はお粥かスクランブルエッグよ、ということはわかったからまぁいいか〜。

夜の機内食は、テーブルいっぱいの大きさ、しかもカトラリーがちゃんとした金属の物なのはいいけど、狭いヽ(;▽;)ノビール頼んだら缶とコップともらったけど、缶を置く余地もないしヽ(;▽;)ノうーむ、さすがはエコノミー。通路挟んだ隣のお兄さんは、横の座席が空いてて、そっちのテーブルも使ってて、いいな〜とうらやましく眺めてた。きっとビジネスクラスはゆったりと置くところもあるんだろうな〜。
サーモンのグリルとエビの下には炊き込みご飯のようなライス。まあまあ美味しかったけど、栗が入ってるしニンジンは紅葉の形だし、これ季節わかってないよね?^^; サラダは味がなかったので、付いていた袋の物をドレッシングと判断してかけたけど、味のないオリーブオイルだった。塩胡椒も付いていたから、あれを使うべきだったのかな? パンは温かくて美味しかったけど、ごはんもあったんですけど^^; デザートはあんみつ、私は食べなかったけど、隣のお姉さんは平らげてたからそれなりの味だったのかな。

さて、ごはんも済んだしどうしよう。やっぱり映画は観られない。仕方ない、音楽聴きたくなったらiPhone使おう、でもあんまり充電も余裕ないし、と思ってるうちにとろとろと眠ってしまった。
目が覚めたのはいつもの仕事に向かう時間。もちろん現地はまだ夜中。到着までまだ何時間もある。隣のお兄さんもお姉さんも映画観てる。いいな〜ヽ(;▽;)ノ

2回目の機内食は、到着まで2時間くらいの頃に出てきた。スクランブルエッグと焼きトマト、カットフルーツ。もう1つの容器にはポテトサラダらしきものが入ってる。てっきりそうだと思い込んで食べたら、癖のあるチーズだったヽ(;▽;)ノ はっきり言ってマズいヽ(;▽;)ノ チーズ好きな私もこれはいただけないわ〜。


到着まで1時間あまり。iPhoneで音楽聴いてるうちに、着陸態勢に入った。どんどん高度が下がっていくこの感覚、やっぱり好きになれないわぁヽ(;▽;)ノ

そしてイスタンブールに到着。現地は朝の5時前。トランジットの間にイスタンブール観光ツアーに行きたいので、ターキッシュエアラインのカウンターを探す。しかし日本語のわかる人はいないし、私の下手な英語ではろくに伝わらない。

とりあえずトランジットのための荷物検査を受けてこい、ということのようなので、空いているところに並ぶと、あなたはこちらじゃない、向こうに並べと言われる。そこは団体さんもいてものすごい行列…ヽ(;▽;)ノ
それでもまぁすんなりと通過して、再び手荷物検査。検査場のお姉さん、バッグに入れてた人形を見て大喜び。他のお姉さんも呼んで、見て見て〜!って、、、あの〜ヽ(;▽;)ノ まぁ、問題なく通過しましたけどね。


まだ朝の5時半。ツアーはたしか9時からだから、まだまだ時間がたっぷりある。なんか軽く食べておこうかな、とフードコートをウロウロしたけど、思ったより高いのね〜。そんなに使わないと思って替えなかったから30リラしか持ってないんだけど、もうちょっと替えておけば良かったかなぁ。


それにしても、右も左もわからないし、調べたくてもWiFiも役立たずでネットに繋がらない。このままじゃあイスタンブール観光どころじゃない。せっかく半日時間があるのに、このまま空港内で夕方までなんてあんまりだヽ(;▽;)ノなんとかしなきゃ。とにかく時間がきたらターキッシュエアラインのカウンターに行って、もう一度聞いてみよう。
それまでは時間潰しも兼ねて、持ってきた入力作業を進める。これはネットがなくてもiPhoneがあれば指一本でなんとかなる。週明けには雑誌の初校も出るし、それまでに少しはやることやっておかなきゃね。

そして右往左往して、8時過ぎにターキッシュエアラインのカウンターに行ったけど、向こうは英語もわからない、私も英語が下手っぴい。とにかく話が通じないヽ(;▽;)ノなんとか新聞のカウンターのお姉さんからシティツアーという語を引き出して、それ!と思って再び聞くけど、ここじゃない、一階下に降りろと言われる。しかし下に行ってもエグゼクティブラウンジだし、ここじゃないよね?またまたぐるっと回って別のカウンターに行って聞くけど、今度は一階上がって左へ2回回ってそこから下に降りろと言われるヽ(;▽;)ノなんなの〜!ヽ(;▽;)ノとっくに午前のツアーは出発する時間。午後のツアーだと飛行機間に合わないんじゃないの?ヽ(;▽;)ノ でも何とかこのダンジョンを抜けないとヽ(;▽;)ノ
やさしいお兄ちゃんがゆっくり英語で、フードコートの下に降りてパスポートコントロールを受けてこいと言う。航空券にペンでメモしてくれて、そして外に出てホテルデスクに行きなさい、とのこと。え??パスポートコントロール??どこにあったっけ?それがフードコートの下にあるの?ヽ(;▽;)ノ私さっきフードコートでパン食べたのにヽ(;▽;)ノ
回って回ってエグゼクティブラウンジのところに着いて、やっぱりここじゃないよね?と、ラウンジの受付のお姉さんに尋ねると、ここを上がってエレベーターで降りなさいと言われる。降りたらまたターキッシュエアラインのカウンターヽ(;▽;)ノまたかー!ヽ(;▽;)ノそこで再び聞くと、ここをまっすぐ行ってパスポートコントロールに行きなさいと言われる。どこ?あったーー!ヽ(;▽;)ノやっとパスポートコントロールのところに着いて、パスポート見せて入国。そこでまたまた係員さんを見つけて尋ねると、ここを出て右だよと言われる。出口はどこ?どこ?あったー!ヽ(;▽;)ノえっと、そんでホテルデスクってどこ?あったー!ヽ(;▽;)ノ
やっとホテルデスクのお兄ちゃんに、シティツアーに参加するというと、そこのスタバで12時出発ですよ、とのこと。不安になって、戻るのは何時か聞くと、6時に戻ると言われる。私のジュネーブ行きは6時20分。…ま、間に合うのか?ヽ(;▽;)ノでもお兄ちゃん自信たっぷりに、スタバに12時にいらっしゃいと言う。大丈夫なのかなぁ?それにお兄ちゃん私の航空券持って行っちゃったんだけどヽ(;▽;)ノ
とにかくなんとかダンジョンを抜けて、ようやくイスタンブール観光に行けるところまできた!ヽ(;▽;)ノ憧れのイスタンブール!憧れのタージマハル!ヽ(;▽;)ノ
ここまでたどり着くのにおよそ2時間。…えーと、パン食べてないでさっさと動いていたら午前のツアーに行けたってことですか?ヽ(;▽;)ノ

スタバで待ってるうちに喉の渇きを覚えて、コーヒーを注文。これで両替したトルコリラのお札はなくなりました。あとは小銭しかないけど、まあそんな使うこともないでしょう、きっと。
とりあえず時間がくるまで出来ることをしておこうと、雑誌の原稿の入力作業。パソコンは持ってきてないからiPhoneのWordを立ち上げて入力する。キーボードなしでフリック入力ってめんどくさいわぁ。
それでも何とか入力も終わり、コーヒーもなくなったので、前号を見ながら選句作業。編集長なのに自分の担当の記事が一番遅いんでは、他のみなさんに申し訳ない。ちょろちょろと見て、いいなと思う句を何句かピックアップ。この中から10句を選んでコメントを付けるのが私の担当。しかしこの短時間では、さすがにコメントまで書くのはちょっと無理があるので、これは宿に着いてからの宿題にしておきます。

さっきからツアーの担当のお姉さんやお兄さんが、何人かずつまとめて呼んでいる。この人たちは午前のツアー?午前なら9時スタートのはずなのに、10時半とか11時とか、結構遅い時間に出発してるような。
ということは、午後のツアーも、あくまでも最初のチームが12時に出発するだけで、正味は3時間とか4時間とかそれくらいかな?少なくともしっかり6時間のツアーってわけではなさそう。6時台の出発チケットの私とかは、まず6時ギリギリに戻ってくるチームには入れないでしょうから12時ちょうどの出発かな?
とか何とか言ってるうちに、いよいよお昼になりました。そろそろ呼ばれるかしらん。ドキドキヽ(;▽;)ノ

いよいよホテルデスクのお兄さんが私の名前を呼びました。航空券も返してもらったし、大丈夫でしょう。

拍手[2回]

スイスの旅・観光編

スイス観光

というわけで、AOIツアーで大ちゃんとショーをたっぷり楽しんだ美輪さんですこんばんは。
今回は初めてのスイス、せっかく来たのでちょっとは観光したい。しかし自力で行けるだけのパワーもないし、何よりこの方向音痴の私が、知らない街を1人で歩いて迷わないはずがない!…てなわけで、高いけどオプショナルツアーを申し込んで、チューリヒの街とベルンを観光して参りました。
ということで、ツイッターで上げた写真を中心に、今回の旅の観光部分について書いておきます。

拍手[3回]

一週間

 2011年3月11日から1週間。
みなさんはこの1週間を、どんなふうに過ごされましたか?
私はといえば、毎日朝は4時から4時半に起きて、朝食を食べて仕度をして、5時半に家を出て電車とライナーを乗り継いで職場に行ってお昼まで働き、午後は川柳教室だったり雑誌の校正だったり発送だったり……。
つまり、地震の起きる前とちっとも変わりのない日常を過ごしていました。

16年前の震災の時はどうだったかと思うと……。
まず当日は、何が起こったのか把握するまでにずいぶん時間がかかったなと思う。
しばらくは実家に連絡することすら忘れていた。電話が通じないことを不審に思いつつ、部屋を片づけていた記憶がある。
お昼近くなってやっと実家に連絡して、友人と避難所に向かったこと。
コンビニもお水やお茶や食べ物はからっぽだったこと。
毛布にくるまって、すすり泣きの聴こえる寒い体育館で一夜を過ごしたこと。
トイレが悲惨な状態になっていて、ものすごく困ったこと。
朝になって配られたパンも喉を通らず、余震におびえていたこと。
友人の彼氏の持っていた携帯を借りて、みんなでかわるがわる実家や知人に連絡を取ったこと。
そうしていったん家に戻って仕度をして、電車の動いている西宮まで2号線を東へ東へと歩いたこと。
ひび割れた道路。傾いた電柱や潰れた建物の数々。陸橋や線路の無残な姿。
動いていないエスカレーターを歩いて上がって、満員電車に乗り込んだこと。
十三で降りた時、ネオンがちかちかしていて、まるで別の国に来たように思ったこと。
初めて食べた牛丼。味より何より、温かい食べ物が食べられたことに感激したこと。
友人と別れて電車を乗り継ぎ、新幹線の動いている京都に来て、まったく普通の日常がそこにあることに呆然としたこと。
そうして夜中に実家に着いて、両親の顔を見てホッとした。

それから半月近くは呆然としていたような。
2月頭に、一度は仕事(予備校の試験解答速報作成)のために戻ったものの、部屋で寝泊りするのが恐くて、大阪の友人宅に泊めてもらった。仕事を終えると早々に再び実家に戻って、3月半ばまで引きこもっていたな。
3月末に神戸に戻って来ても、まだ交通網は完全には戻っていなかった。
ライフラインはかろうじて復活していたけれど、仕事はほとんどなかったし。
何もできない。でも何かしたい。だけど何ができるかわからない。
ただただ無力感だけが広がって、打ちのめされていた。
私は何のために神戸に戻ったのか、ずっと考えて考えて。
私に何ができるのか、考えて考えて考えて。
しばらくは、答が見つからなかった。
そんなとき、川柳と出合って。時実新子先生に出合って。
「何か」が見つかった。ような、気がした。

この1週間。被災地の方々にとっては、「日常」がすでに「非常時」だ。
今回被災した友人は「1週間が1年のように感じる」と言っていた。
実家のある西日本に帰省して、「まるで悪い夢だったような気がする」と言った人もいる。
「これは夢じゃない、現実だ」と思うと、これから先どうなるのかまったく先が見えないという不安がつきまとう、と。
そうだ。私も16年前はそうだった。
どうしようもない無力感に襲われて、日々鬱々と過ごしていた。

16年経った今、あの時のことを再び思い出している。
忘れてしまいたい、二度と思い出したくないと思ったことを、今思い出している。
いま私は安全なところにいて、電気も水もガスもちゃんとあって、普通の日常を送ることができる。
街には車が走っていて、電車やバスも普通どおりに動いている。
温かいごはんを食べ、友人や仲間とおしゃべりし、ショッピングも外食も普通にできる。
こんな当たり前だと思っていた「日常」が、16年前は当たり前じゃなかった。
あの辛い思い出を、今自分から蒸し返しているのは、なぜ。
16年前の自分と向き合っているのは、なぜ。

東日本が地震前の「日常」に戻るまで、まだまだ長い時間が必要になる。おそらくは、神戸の時以上に。
それでもきっと、いつかは必ず立ち直る。きっと、今まで以上に強く大きくなって。
何年もかけて神戸が明るさを取り戻したように、きっと。
私が元気を取り戻したように、きっと。

拍手[27回]

またまたバタバタ

ひとこと。

大ちゃんしーちゃん来週会おうね!!

以上、猛暑の神戸より取り急ぎ携帯からでした。あー忙しい。

拍手[8回]

忙殺

というわけでGW中もGW明けも関係なく忙しかった美輪さんですこんばんは。
いやはや、忙しかった……(^_^;)。GW中も毎日出勤、家では入力と原稿書き。明けて今週は雑誌の校正に追われてました。午前の仕事の後毎日事務所やら印刷所やらに出向いて、やっと昨日無事に最終校正を終えたところです。
ちなみに来週は、教室2つと新聞の選と雑誌の発送が待っています……(^_^;)(^_^;)。

ところで木曜は、朝の仕事を休んで川柳の講演に行って来ました。これは隔週に行ってる教室の生徒さんがお世話役を務めるシニアカレッジがあって、そこからお声がかかったんですがね。午前中の講演ということで、仕事を休むか早引けするか悩んだんですが、たまには朝ゆっくりしたいと思って有休を取りました。
しかし、例によって行き当たりばったりの私のこと。忙しかったこともあって、Power Point作りをギリギリまでやってなかったのよね~。川柳の歴史、作品紹介、作家紹介。今どきの川柳について。できればビジュアルで印象的に訴えかけるようにしたい。そんなことを考えて、当日朝、以前作ったものを元にして作り、フラッシュメモリに入れて準備万端!(^o^)丿意気揚々と支度して出かけました。
ところがところが。会場についてカバンを開けたら、肝心のフラッシュメモリがない!うっそー!(>_<)せっかく作ったのに~!(>_<)どのポケットを探っても、どこをひっくり返しても、出てこないものは出てこない。……これはどうやら、カバンに入れるのを忘れたに違いない……(^_^;)。
幸い、配布する紙の資料は、前もって世話役さんに渡してる。こりゃー紙でいけるところまでいって、後は出たとこ勝負でやるっきゃない。……よし。やっちゃえ!
てなわけで、プリントにない説明や作品については、ホワイトボードに書くことで補って、1時間半しゃべってしゃべってしゃべり倒して来ました(笑)。幸い、話すネタに困ることはなかったから、何とか格好はついたかな?
ちなみにフラッシュメモリは、やっぱりしっかり家にありました。ちゃんと入れたつもりだったのになぁ~(^_^;)。
あーあ、せっかく作ったのに……(>_<)。……ま、いいや。この次どこかで使えるでしょう(きっと)。

明日は久々の完全オフ。ちょっくら千里まで足を伸ばして、関大まで大ちゃん&ノブりん特別展見に行ってきます♪(^o^)丿

拍手[2回]

さよなら2009年!(^0^)/

というわけで風邪っ引きのまま実家に帰省している美輪さんですこんばんは。

いや~日曜あたりからくしゃみ鼻水が始まってたんですが、火曜は喉も枯れて完全にハスキーボイス(^_^;)。まあ微熱だし、インフルエンザの心配はなさそうですが、今年も風邪引き状態での年越しとなってしまいました(^_^;)(^_^;)。

一つ心配なのが、この風邪が全日本出場選手のみなさんにうつらなかっただろうかということですが…今回はハイタッチも手渡しも叶わなかったわけで、接触はなかったし、おそらくは大丈夫ではないかと…多分。



ちなみに実家のパソコンはネット接続絶不調でして、この記事は携帯からお送りしております。そんなわけでコメントへのレスは年明けに神戸に帰ってからまとめてさせていただきますので、ご了承くださいm(__)m

なお、私的に今年の重大ニュースをまとめると、以下のとおり。

1)大ちゃん氷上復帰!(^0^)/
2)国別対抗戦でダーリンに人形手渡し、テレビに人形が!
3)IKM杯、大ちゃんとダーリンの競演を堪能。
4)ダーリン怪我のためファイナル欠場(>_<)
5)ファイナル最前列で大ちゃんeye満喫(^◇^)
6)全日本大ちゃん優勝!(^0^)/

…やっぱりフィギュア三昧だったわけね(爆)


とりあえず皆様、今年一年ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

拍手[19回]

ばたばたばた

というわけで神戸に帰ってばたばたの毎日を送っている美輪さんですこんばんは。
いやぁ今朝は焦りました。いつもの通り、朝4時には起きていたのですが、寒さに布団にもぐってしまい、うっかりうたた寝しちゃって、ハッと気がつくともう電車の時間……やばい!(>_<)
慌てて家を飛び出して、いつもより1本遅い電車に。駅から会社まで急ぎ足で行って、なんとか定時きっかりに会社着。仕事をスタートするのには少し遅れましたが、遅刻とまではいかずにすみました。やれやれ(^_^;)。

ちなみに日曜は日付が変わる前に何とか帰宅、月曜火曜と仕事&教室。明日もひとつ教室が待っています。もちろん、ちゃんと遅れずに出勤してますよ~。
年末年始は30日ぎりぎりまで仕事&4日には出勤と、休みの少ない職場で悲しい(T_T)。でも、全日本の土曜日はお休みもらったし、1月のユーロの時には、男子フリーを見るためにお休みもらう約束を取り付けました♪(^_^)v
あとは全日本に向けて、大ちゃん人形作成にいそしむだけですね(←おぃ)。

そんなこんなで忙しい中、スーパーでこんなん見つけちゃいました。

大ちゃんパッケージ

普段はキリン派の私ですが、これは買わないと~(^◇^)。

さて、明日の教室の資料作ろうっと。ではでは~。

拍手[1回]

カレンダー
02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]