忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イスタンブール珍道中?2

行ってきました、イスタンブール市内観光!\(^o^)/ めっちゃ楽しかった!\(^o^)/いや〜こんな充実したツアーが、しかもタダで楽しめるなんて!\(^o^)/
案内してくれたイルカーさんというお兄さんは三十代半ば。ちょっとヴォロに似たイケメンで、耳にピアスしてます。ゆっくりと分かりやすい英語で、ユーモアも交えてイスタンブールの街の歴史と建物のあれこれを教えてくれました。




街中にスパイスの香りが漂うと思ったら、あちこちにスパイス屋さんが。


もちろんペルシャ絨毯のお店もある。



お土産物屋さんもたくさんある。



正面にモスクが見えた。

撮影には絶好のお天気。イスタンブールは今は乾季で、ほとんど雨が降らないそうな。雨季は9月から11月、どんよりして寒くて嫌な季節だとか。



ここがランチのお店。
このランチもなんとタダ!パン、ミートボール、豆のサラダにドリンクとデザート付き。お肉のダメな人は野菜のスープと炒め物。ミートボールはボールというよりは平べったくてソーセージとハンバーグの中間の感じ。スパイスの効いた辛味噌をお好みに合わせて付ける。黄色い大きな唐辛子も付いてます。サラダの豆はソラマメかな?バターライスも付いてて、ボリュームたっぷり。欲張ってミートボール平らげちゃったから、後でお腹が苦しくなったよ。


向かいに座ったイルカーさんに、「あなたの名前、イルカーは日本語ではドルフィンですよ」と言ったら、喜んでくれた\(^o^)/私の英語が通じるとは!\(^o^)/←
お店の人からコインをもらいました。ここの慣習かな?お客さんに良いことがありますように、という縁起かつぎのようなものみたい。


レストランを出て、街の見どころを歩きます。地下に埋もれた神殿もありました。

昔この地にあった神殿はギリシャ神殿を模したものだけど、ビザンチン式のものより歴史的には古いのだ、こっちが本家だとイルカーさんは言います。地震のために崩れてそのまま地下に埋もれて、その上に建物が作られました。地下水がかつての神殿をぐるりと囲んでいます。今はこの地下神殿はミュージアムとなっていて、お土産物屋さんもあるし、コスプレして撮影もできます(笑)よくハリウッド映画の撮影にも使われるそうで、ダヴィンチコードもここで撮影したシーンがあるとか。そういえばこの光景、映画で見た気がします。

地下神殿のハイライトは、奥にあるメドゥーサの柱。メドゥーサの顔が横になってるものと逆さになってるものと二本の柱があって、それが水路の中で見世物になっている。何とも不思議な光景でした。


外に出てまた公園を回ります。ドイツの様式のアーチのようなものがあります。コックをひねると地下水が出る。これはドイツとトルコがいい関係だった時代にドイツの皇帝が贈った建造物だそうです。

そこをまっすぐ行くと、今度はエジプトのヒエログリフの描かれた塔が。しかしよく見ると、塔の下には青銅の繋ぎがあり、その下には大理石が、さらに下には石造りの部分が。イルカーさん曰く、これは下からギリシャ、ローマ、ビザンチン、エジプトの4つの時代の象徴とのこと。




公園の中には大きなワンコが何匹もいます。みんなおとなしくて、いい天気の芝生の上で、気持ち良さそうに寝ています。

公園にはコの字形にモスクが並んでます。中でも有名なのは青のモスクとソフィアのモスク。

青のモスクに入る時は、女性はスカーフなどで頭を隠さなくてはなりません。入口で青い布を受け取って頭に巻き、靴を脱いで中に入ります。
中でイルカーさんはイスラム式の礼拝の仕方を教えてくれましたが、異教徒の私たちに無理に勧めたりはしません。イスラム教もキリスト教も仏教も祈る心は同じですよ、とやさしく言いました。



イルカーさんはソフィアの人なので、ビザンチンに対してはちょっとね、という気持ちもあるようでした。

ソフィアのモスクは一部修復中で、全容が見られないのごちょっと残念。でも、そこら中に古いモザイク画やメダイがあって、異国情緒たっぷりでした。





美しい建物や城壁、いろいろなモザイク画。赤のモスクに青のモスク。イスタンブールの4つの時代。キリスト教とイスラム教。ヨーロッパとアジアの2つの顔のある街。様々な民族や宗教の争いによって、破壊されたり塗り替えられたりしてきた。イルカーさんは「私のレストラン」「私の街」「私のソフィア」「私のモスク」と、自分の持ち物みたいに話してくれました。本当にイスタンブールを愛してるんだなぁ、って、なんか微笑ましかった。

ひと通り回って空港に戻るバスに。イルカーさんとはここでお別れです。イルカーさんにまたイスタンブール来てください、明日スタバでお待ちしてます、なんて明るく言われて笑いながらも、さみしい気持ちになりました。

そして空港に向かうバスの中。市内は思いっきり渋滞しています。私の乗る飛行機は定刻通りに出発予定。搭乗開始まであと1時間くらいしかないけど、ま、間に合うのか?ヽ(;▽;)ノ←またか

ハラハラしながらも、5時40分過ぎに空港に到着。すぐに保安検査を受けてパスポートコントロールに向かうと、同じツアーに参加してた日本男性が場所取りしてくれてました。ありがとう!ヽ(;▽;)ノ無事に出国手続きをして、手荷物検査に。問題なく通過して、ボーディングインフォメーションでゲートを確認。け、けっこう遠いゲートなのではヽ(;▽;)ノ でも大丈夫!まだ搭乗開始まで30分以上ある!ヽ(;▽;)ノ
そうして確認したゲートに来たけど、まだ搭乗案内は出ていません。しばらくここで待ちましょう。とにかくここまで無事に来た!ヽ(;▽;)ノもう直前にゲートが変更にならない限りは大丈夫!ヽ(;▽;)ノ←

というわけで、山あり谷あり、ハラハラドキドキの独り旅、イスタンブール市内ツアーダンジョンは何とか無事にクリアしました。
美輪さんは 1人で ツアーに さんか した! なかまが たすけて くれた! 美輪さんの 旅の レベルが 1 上がった!←

搭乗開始時間になって、ゲートに向かいます。パスポートとチケットを見せてチェックイン。飛行機までのシャトルバスに乗りました。シャトルバスの中は顔立ちや言葉から判断するに現地の人たち(多分)でいっぱい。イスタンブールからジュネーブに行く人って、経由していく外国人ばかりかと思ってたけど、そんなことないのね。
そしてジュネーブ行きのエアバスに乗り込みます。ち、ちっちゃいヽ(;▽;)ノ こんなおもちゃみたいなエアバスで行くんだ!ヽ(;▽;)ノ
でも、中に入ってみたら、案外と綺麗で広いの。日本から乗った飛行機より座席も広いし綺麗だわ〜。モニターは共有のものしかないけど、まあ正味2時間くらいだし、映画観るほどでもないよね。
隣の席の黒人のお兄さんはアフリカのどこかの国の人かな?チノパンとジャケットに中折れ帽をオシャレに被ってるのがサマになってて素敵。長い手足がエコノミーシートにはやや窮屈そうです。

ちょっとうとうとしてハッと気づいたら、まだイスタンブール空港。どうやら滑走路が空いてなくて、出発に手間取ったみたいです。そうして午後8時、いよいよ出発。予定ではジュネーブには9時半頃に到着することになってますが、少し遅れるかな?

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]