忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジュネーブ珍道中2

というわけで興奮のアイスレジェンド観戦から早一週間が過ぎて普通の生活に戻ってまだ長旅してきた実感が湧かない美輪さんですこんばんは。
いや~素晴らしいショーだった!\(^o^)/ 楽しかった!\(^o^)/ 本当に、これこそ私の理想のアイスショーというべきものでした!\(^o^)/ はるばる見に行って本当に本当に良かった\(^O^)/ テレビで放映あると知ってれば行かなかったかもしれないけど(^_^;)
ともあれ、無事に一人で手配して一人で行って一人で帰ってきました!\(^o^)/ ……とはいえ、もちろん私のことだから、思いっきりやらかしたことはすでに前記事でもおわかりですね?
それでは旅の残り、ジュネーブ最終日の珍道中をお送りしましょう。

ジュネーブから帰る朝。前夜の興奮も冷めやらぬ中、いつものように早朝に目が覚めて二度寝。再び起きて、とろとろ支度しながら荷物をまとめ、その日の計画を練りました。この日は夕方の便でジュネーブを発つ予定なので、日中はまるっと時間があります。そこで前日乗り損ねたミニトレインでの市内ツアーに行くことに。もし時間あったら別のルートのトレインも乗ってみよう。美術館か博物館にも行きたいな。せっかくのジュネーブ48時間パス、有効に使わなくちゃ!

朝ごはんは買ってきたパンとサラダとチーズでOK。シャワーして着替えて荷物をまとめて、歩き回るのは身軽にショルダーと手提げだけに。あとの大きい荷物はホテルに預けておけるよね?
部屋を出る前に何度も何度も忘れものがないかチェックして、フロントでチェックアウト。「冷蔵庫の中のものは召し上がりましたか?」いいえ。「では市税のみお支払い下さい」はーい。それから夕方まで荷物を預かって貰えるか尋ねると、どうぞと言われたのでスーツケースを預かって貰う。メルシー!\(^o^)/

さあ、市内観光に出発です。昨日乗りたかった旧市街ツアーの乗り場は、一日経ったらやっぱりよくわからなくて、一人ではたどり着けそうにない気がする( ̄◇ ̄;)。これは無理しないで、間違えずに行ける乗り場の別のトレインに乗ろうかな。そこでレマン湖の畔に行って、チケット売り場のお兄さんに48時間パスを見せて聞くと、「旧市街?そのトレインは向こうの乗り場だよ」とまた言われる。わかってます!(>_<。) わかってるけどその乗り場まで行く道がよくわからないの!(>_<。) とにかくこのトレインでいいから乗りたいと言うと、まだ時間があるから待ちなさいと言われる。そこでぶらぶらと湖畔を歩くも、雨はしとしとを通り越して本降りになってくる(×_×)。
 
少し早いけどまた乗り場に行くと、お兄さん(運転手さんだった)もしゃーないなあ、という顔して「今日はこのお天気だからお客さんいないんだよね。まあ、トレインに乗って待ってなさい。このトレインは一回りしたら向こうの乗り場に行くから、このツアーの後で次のトレインに乗りなさい。時間を確認しておきなさいよ」。てなわけで、とにかくトレインに乗り込みました。
 

20分ほど待っても誰も他に乗る気配がない。結局ツアーが始まっても私一人だ~!(・д・`)……ま、いいか。イケメンの運転手さんを独り占めってことで(←おぃ)。
 
乗っていると橋の反対側の乗り場まで移動して止まりました。「ちょっと待ってらっしゃい、もう少ししたら出発するよ」そこに旧市街ツアーから戻ってきた別のトレインが。……そうか、さっきの乗り場は臨時の乗り場だったのね。本来はここからどちらのツアーもスタートするのか。旧市街ツアーは人気のようで、何人ものお客さんが降りてきました。こっちも後で乗れたらいいな~。
とかなんとか思ってるうちに、いよいよツアーの出発です。48時間パスをスキャンしてもらい、チケットを受け取って、トレインが走り出しました。

私の乗ってるトレインは、90分ほどで国際都市としてのジュネーブの歴史とパノラマを楽しむコース。しかしツアーの英語の音声案内に「左に見えるのが○○です」「右には○○があります」って言うたびにiPhone構えて写メするけど、何しろあいにくの雨、雨、雨。
 
 
小高いところに来ると「パノラミックな景色を楽しみなさい、写真撮るといいよ~」と音声ガイドが言うのでトレインをちょっと降りたけどやっぱり雨。
   
これ、昨日みたく良い天気だったら、ものすごーく楽しかっただろうなあ(T_T)
それでも有名なパレドナシオン、国連本部やWHOの建物、赤十字の本部、エリザベート皇后のモニュメントなど、一通り見てきました。途中でカップルが乗り込んできてイケメン運転手さん独り占め終了(←おぃ)。音声ガイドでは、スイスの歴史と国土についての説明もありましたが、私の貧弱な英語能力では半分ほどしかわからない(_ _)。よくこれで一人でツアーなんかに参加したもんよねえ。
   

     

 

 
ぐるっと回って再び花時計のところを通り、乗り場に戻ってきてツアー終了。運転手さんにお礼を言ってトレインを降りました。旧市街の次のツアーもすぐスタートするみたいだけど、もうお昼を回っておなかも空いたし、雨のせいで気温も下がって寒くてしかたない。このままこのトレインに乗ったら絶対風邪引くよねえ。

というわけで、お昼を食べるところを探すことにする。とにかく寒い!何か温かいものが食べたいなあ。橋を渡って昨日歩いた辺りをちょっとうろうろしたけど、ホテルの近くの方が何かと便利だろうと、駅の方に戻って宿の隣の建物のカフェバーに入りました。
メニューを眺めてしばし考える。せっかくスイスまで来たんだし、チーズフォンデュにしようかな。うん、そうしよう!お願いします!チーズフォンデュとビール!\(^O^)/
そして出てきたのは、ビールと熱々のフォンデュ鍋と大量のパン!
 
ビール飲みつつ熱々のフォンデュに付けて食べるパンの美味しいこと!\(^O^)/しかしこれ全部食べたらおなかはち切れるわ(^_^;)。さすがに出されたパンの半分くらいでギブアップしました。

支払いを済ませて再び観光に行けるかどうか算段。雨は容赦なく降っている。外を回るツアーはもう止めて、どこか近くの美術館か博物館くらい行けないかな?しかし一時間やそこらで回るにはちょっと時間が足りなさそう。これは少し早いけど、空港でお土産見ながら時間つぶした方がいいかも。
そこでホテルに引き返し、預かって貰った荷物を受け取って、駅に向かいました。空港行きの電車に乗り込むと、ほっと一安心。これで無事に日本に帰れる(多分)。

電車はほどなく空港に到着。ああ、着いた日にわかっていれば、タクシーなんか使わなかったのに(-_-;)。
まずはターキッシュエアラインのカウンターで、航空券を出して貰おう。しかしさすがにちょっと早く来すぎて、まだチェックインカウンターが開いていない。受付のお姉さんに聞くと、あと30分くらい待ちなさいとのこと。しかたない、空港内をうろうろしてお土産を探そう。
しかしジュネーブ空港って、めっちゃコンパクトなのね。これは神戸空港よりちっちゃいかもしれない。さすがの私もこれは迷わないぞ。
こうと知っていれば、もっとゆっくり市内観光したのに……。ああ、旧市街ミニトレイン……。ああ、美術館……。

ともあれ、お土産にチョコレートと絵はがきを買い、チェックインカウンターも開いたので列に並んで、受付のお姉さんにバウチャーを見せる。「中国語はわかりません」……いや、だから私は日本人だってば。これは往復の航空券のバウチャー!これが帰りのチケット!私この便に乗るの!
ようやくわかってもらって、パスポートを出して航空券を出してもらい、手荷物検査を受けて出国手続きを済ませ、出発ロビーの方に向かう。まだ時間たっぷりあるな~。ちょっとビールでも飲もうかしらん。
 
さあ、いよいよ帰国の途に就きます。再びイスタンブールを経由し、翌日の夕方には関空。短い滞在だったけど、イスタンブールもジュネーブも少しは観光もしたし、何より素晴らしいショーが見られて、満足!\(^o^)/ 帰国したらすぐまた仕事。よし!頑張って観戦資金貯めるぞ!(←おぃ)

以上、美輪さんのどたばたジュネーブ珍道中その2でした。ではでは~。

拍手[0回]

PR
お邪魔いたします
はじめまして! Mieと申します。
今回この記事を読ませていただきまして、もしかしたらクリスマスオンアイス楽公演の後にNさんと共にお食事をご一緒してくださった方かなと思い、
コメントを入れさせていただきましたm(__)m
あの時はいろいろとフィギュアスケートのお話をうかがうことができて楽しかったです。ありがとうございました。
アートオンアイスもスイスまで行かれたと仰っていたので、今回も?と思っていたのですが、やはり行かれたのですね~珍道中1も2も楽しく読ませていただきました。
あの時のお礼を申し上げる機会がなかったので、今回あつかましくもこちらにお邪魔してしまいましたが、もし、私の勘違いでしたらご容赦くださいませ。

Commented on 2016/05/08 Sunday 14:58:53

by Mie | コメント編集

Re:お邪魔いたします
>Mieさん

>はじめまして! Mieと申します。
>今回この記事を読ませていただきまして、もしかしたらクリスマスオンアイス楽公演の後にNさんと共にお食事をご一緒してくださった方かなと思い、
>コメントを入れさせていただきましたm(__)m

あー!あの時の!いや~あの時はどうもお騒がせしました(笑)。

>アートオンアイスもスイスまで行かれたと仰っていたので、今回も?と思っていたのですが、やはり行かれたのですね~珍道中1も2も楽しく読ませていただきました。

いやいや、ついうっかりですよ(^^;) ついうっかりポチッとしてしまって、気がついたらジュネーブまで行ってしまいまして……。
いえね、前回はツアーで贅沢三昧しましたが、さすがにもう一回それをやる余裕はなく。今回は個人手配で行ったので、かなり安上がりに抑えました。ヨーロッパって、案外お手軽に行けるんですね~。それでもまぁいろいろと無駄遣いとかはしちゃいましたけどね……。

>あの時のお礼を申し上げる機会がなかったので、今回あつかましくもこちらにお邪魔してしまいましたが、もし、私の勘違いでしたらご容赦くださいませ。

とんでもない! あの時はいきなり私のおしゃべりに巻き込んでしまい、びっくりされたでしょう(笑)いつもあんな調子です(爆)。今度どこかでお逢いできたら、またお食事御一緒しましょう!

Responsed on 2016/05/11 Wednesday 03:36:26

by 美輪@brownycat@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]