忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/06 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

川柳2008/3/23

復活~ワールド男子FS~

むき出しの闘争心が仇になる
イエティボリの女神ぷいっと横を向く
勝ち方を知った男の強い腕
美しき勇者の舞に酔い痴れる
復活の輝きとなる金メダル

拍手[0回]

PR
Re:川柳2008/3/23
そうですね。勝負は難しいものです。荒川さんが解説で経験者ならではのいいことを言っていましたね。今回は、ジェフが完璧な美しいプログラムを見せてくれたのでよかったです。

Commented on 2008/03/24 Monday 13:47:48

by progress | コメント編集

Re:Re:川柳2008/3/23
>progressさん

>そうですね。勝負は難しいものです。荒川さんが解説で経験者ならではのいいことを言っていましたね。今回は、ジェフが完璧な美しいプログラムを見せてくれたのでよかったです。

ええ、本当に……。完璧に滑りきったジェフはとても素晴らしかったです。やっぱりファンは「完璧に美しくてしかも強い」プログラムが見たい。来年こそは大ちゃんに、そんなプログラムをワールドで見せてもらいましょう!

Responsed on 2008/03/24 Monday 18:48:54

by 美輪@brownycat@管理者

Re:川柳2008/3/23
はじめまして。美輪さんには何度かメールさせて頂いた、よしと申します。この素晴らしい川柳につられて私も一言を、と思いました。
私は男子スケーターを応援していた者ですが、このワールドでの大ちゃんの想い・決断に完全にファンになってしまいました。
大ちゃんのライバルに対する闘争心って、誤解されることが多いんですよね。でも私達は知っています。ジュベ・プルのような逞しい力強いジャンプ、ラクダ・バトルのような繊細で芸術性の高い表現力が好きなんです。
大ちゃんは一時期、結果が出せずに苦しみ、自分に自信が持てず、フィギュアスケートを止めようとも考えていた時もありましたよね。そんな時いつも考えていた事が、「世界一のアスリートになってオリンピックで金メダルを取りたい」でした。
純真な大ちゃんですから、大会での勝利の方程式・小手先細工の戦略など必要ありません。目標ははっきりしています。「世界の王者」です。
なにかとワールドの結果が重宝され、グランプリ・大陸選手権を放棄してまでワールドに標準を合わせたり、演技内容に駆け引きしたりするのも良いでしょう。
またコーチの指示を守り、クワドを一回にしたらメダルを取れたかも知れません。でも多分大ちゃんは今期最後のロミジュリを完成させ世界王者になりたかったんだと思います。
でも大ちゃん、私から心からの「おめでとう」を言いたいです。世界ランキング2年連続一位。これこそ「世界王者」の証しです。ところで美輪さん。お宅のダーリン、バトルを非難してますよ。止めないと !?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080324-00000034-nks-spo


Commented on 2008/03/24 Monday 17:44:45

by よし | コメント編集

Re:Re:川柳2008/3/23
>よしさん

いらっしゃいませ~やっとこちらに書いて下さいましたね。ようこそ!(^o^)丿

>私は男子スケーターを応援していた者ですが、このワールドでの大ちゃんの想い・決断に完全にファンになってしまいました。
>大ちゃんのライバルに対する闘争心って、誤解されることが多いんですよね。でも私達は知っています。ジュベ・プルのような逞しい力強いジャンプ、ラクダ・バトルのような繊細で芸術性の高い表現力が好きなんです。

そうですね。大ちゃん、今まではずっと「ライバル」というより「追いつきたい存在」としてランビやジュベやジェフを見てきたと思うんですよ。それがいきなりまわりからから「あいつは怖い存在だ」と思われるようになり、自分でも「勝てるかもしれない、いや勝ちたい」と思うようになり……。今回はまだそれがうまくコントロールできなかった。勝ちたい気持ちのほうが体より先に行ってしまった。動きを闘争心が縛ってしまった。そんな気がします。

>大ちゃんは一時期、結果が出せずに苦しみ、自分に自信が持てず、フィギュアスケートを止めようとも考えていた時もありましたよね。そんな時いつも考えていた事が、「世界一のアスリートになってオリンピックで金メダルを取りたい」でした。
>純真な大ちゃんですから、大会での勝利の方程式・小手先細工の戦略など必要ありません。目標ははっきりしています。「世界の王者」です。
>なにかとワールドの結果が重宝され、グランプリ・大陸選手権を放棄してまでワールドに標準を合わせたり、演技内容に駆け引きしたりするのも良いでしょう。
>またコーチの指示を守り、クワドを一回にしたらメダルを取れたかも知れません。でも多分大ちゃんは今期最後のロミジュリを完成させ世界王者になりたかったんだと思います。
>でも大ちゃん、私から心からの「おめでとう」を言いたいです。世界ランキング2年連続一位。これこそ「世界王者」の証しです。

そうですね。今シーズン、浮き沈みの激しい選手が多かった中で、大ちゃんは抜群の安定感があった。先シーズンのランキングについては多少問題もありますが(全勝のジュベが大ちゃんを下回った・苦笑)、今シーズンについては誰もが文句のつけようがないでしょう。本当に素晴らしいです。
ただ、いくら「実力は世界一」と誰もが認めていても「ワールド優勝経験なし」ではいけない。やはりスポーツは結果がすべて。小さな大会でのポイントも大切ですが、大きな大会で結果を出さなければ。……厳しいけれど、それが大ちゃんのいるスポーツの世界なのだと思います。
大丈夫!(^o^)丿大ちゃんなら、きっと誰もが認める本物のチャンピオンになってくれますとも!

>ところで美輪さん。お宅のダーリン、バトルを非難してますよ。止めないと !?

……ええ(^_^;)。うちのダーリン、自分がコンボ忘れたことを棚に上げて言いたいことゆーてますなぁ……(^_^;)。まぁあの人は「四回転を跳んでこそ男子シングル」と頑固に思っている人ですからねえ……。
まぁ今夜あたりじっくり「あんたねえ、SP派手に転んだ上にFSもコンビ抜かした人がそんなこと言うもんじゃないわよ。そーゆーことは全部完璧にやってから言いなさい」って、宥めておきます、夢の中で……。

ただこの「四回転論争」はジュベだけじゃなくて、ライサもそれからミーシンコーチも同じようなこと言ってるんですよね。四回転はそのリスクの高さに比べて基礎点が高くない。もっと四回転を跳ぶ選手が正当に評価されるべきだ……って。
私も「四回転を跳んでこそ男子」という気持ちは強いほうですから、彼らの言葉はもっともだなあと思います。ただ、ジャンプだけではないのがフィギュアのおもしろさであり、私たちを夢中にさせるものだとも思うわけで。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/column/200803/at00016714.html

こちらの記事、読んでみてください。だから、大ちゃんは優勝しなくっちゃ。来年こそ、絶対!(^o^)丿

Responsed on 2008/03/24 Monday 19:17:50

by 美輪@brownycat@管理者

この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバック




カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]