忍者ブログ

川柳つれづれblog

*毎日の川柳作品の他、大好きなフィギュアスケートやミステリ、本、映画、その他日々の出来事をつれづれなるままに……。

<< | 2017/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

妄想会話・カナダ女子の秘密

というわけですっかりブログの更新も何もほったらかしでシーズンも終わってしまった美輪さんですこんばんは。
いや~何しろ、毎日Twitterでつぶやいてると、もうそれで終わったような気分になっちゃうのよねー。
生観戦に行ってるとそれだけで忙しくて、改めてまとめる気力も体力もない。うーん、衰えたなぁ・・・。
でもまあ、あちこち行って楽しく観戦し、現地で楽しく宴会するのは相変わらず。
来シーズンもこんなふうに明るく楽しくお気楽に観戦の旅に行きたいものですねー。

てなわけで(どういうわけだ)、いよいよ2012-13シーズンも終わることだし、久々に妄想なんぞ書いてみました。
題して「妄想会話・カナダ女子の秘密」。
例によって、この手のジョークがお嫌いな方はスルーしてくださいね。


【妄想会話 カナダ女子の秘密】
 
3月某日、カナダ。ワールドに向けて、シェイ先生がカナダのワールド出場女子選手にハッパをかけている。
 
シェイ「みんな!いいわね!」
 
一同「はーい!」
 
シェイ「もうすぐワールド。自国開催なんだから、スケート王国カナダのメンツにかけて、しっかりメダルを掻っ攫うわよ!」
 
一同「おー!」
 
シェイ「テッサ!」
 
テッサ「はいっ!」
 
シェイ「わかってるわね?あなたたちに許されてるのは金。金あるのみよ!もう肉離れとか起こしてる場合じゃないわよ!」
 
テッサ「もちろんです!もう四大陸の轍は踏みません。毎日ストレッチと念入りなアップ、クールダウンを欠かさずしています。あれから一度たりとも足が攣ったりしていません。四大陸でお見せできなかった新しいリフトもばっちりです!」
 
一同、「おお~っ」とどよめく。
 
シェイ「その意気込みよ!しっかりばっちりポイントを積み上げて、メリルたちの鼻っ柱をへし折ってやりなさい!」
 
テッサ「はいっ!私たちのモダンカルメンで、生意気なメリルたちなんか、ひとひねりにしてやります!(^◇^)」
 
一同「……(汗)」
 
オズモンド「(ひそひそ)て、テッサ…こ、怖い…((゜Д゜ll))」
 
ウィーバー「(ひそひそ)…最近また迫力が…」
 
クリスティン「(ひそひそ)…なんかテッサ、また太…たくましくなったんじゃない?」
 
メーガン「(ひそひそ)…確かに貫禄が…」
 
パイパー「(ひそひそ)…それ、私も思ってた…」
 
メーガン「(ひそひそ)メリルの鼻っ柱じゃなくて、スコットの腰が折れないか心配だわ…」

 

シェイ「ケイトリン!ダンスの方!」
 
ウィーバー「はいっ!」
 
パイパー「(ひそひそ)…何もダンスの方って言わなくても、苗字で呼べばいいのに…」
 
クリスティン「(ひそひそ)…しーっ」
 
シェイ「あなた、足はもう大丈夫?」
 
ウィーバー「はい。まだ少し痛みはありますけど、アンディがサポートしてくれますから(ニコニコ)」
 
一同「ほお~(羨望のまなざし)」
 
オズモンド「(ひそひそ)いいわね~イケメンにサポートしてもらえて」
 
メーガン「(ひそひそ)私、アンディに支えてもらえるなら、喜んで足痛めるわ…」
 
シェイ「そう。それはよかったわ。いい?無理はしないこと。優勝争いはテッサたちに任せて、あなたはしょーもないミスしないようにだけ気をつけなさい」
 
ウィーバー「…はーい(^◇^;)」
 


シェイ「メーガン!クリスティン!」
 
メーガン&クリスティン「はいっ!」
 
シェイ「あなたたちもわかってるわね?しっかりやるだけのことをやったら、表彰台は見えて来る…。ロシア、ドイツ、中国で決まりと思ってる観衆に一泡吹かせてやりなさい!」
 
メーガン「はいっ!」
 
クリスティン「もちろんです!」
 
メーガン「(クリスティンの方を向いて)ふふん。負けないわよ…」
 
クリスティン「ええ、今度こそ…(にっこり)」
 
一同「……」
 
オズモンド「…(ひそひそ)ねぇ、なんか火花散ってない?」
 
パイパー「(ひそひそ)…散ってる散ってる。もうここで女の戦いが始まってるって感じ」

 

シェイ「ケイトリン!シングルの方!」
 
オズモンド「はーい(^O^)」
 
ウィーバー「(ひそひそ)…だから苗字で呼んでくれればいいのに…」
 
クリスティン「(ひそひそ)…ねー」
 
シェイ「わかってるわね?あなた責任重大よ」
 
オズモンド「はい!わかってます!何とか10位以内に入って、2枠獲得してきます!」
 
シェイ「あ まーい!」
 
(シェイ、ドンと机を叩く。オズモンド、ビクッと肩をすくめる)
 
シェイ「10位以内でいいとか2枠取れたらとか、そんなことじゃ取れるもんも取れないわ!いい?日本のダイスケ・タカハシは、大怪我から復活した2010年のバンクーバー五輪で、見事に銅メダルを獲得した。彼はずっとこう言ってたわ。『2位でも3位でもいいとかメダルが取れたらいいとか言っていたらメダルは手に入らない。勝てるかどうかはわからないけど、あくまでも目指すは金、と思って全力を尽くしたら、結果はついて来る』ってね」
 
一同「ほーぉ…(ザワザワ)」
 
テッサ「(ひそひそ)あのダイスケが?」
 
パイパー「(ひそひそ)えー?いつも(^◇^)(^-^;Σ(゜ロ゜ノ)ノ←こんな感じなのに…」
 
クリスティン「(ひそひそ)意外と男らしいのね~」
 
シェイ「それに比べてどう?チェコ男子と来たら。去年のワールドでトマシュってば、こんなこと言ってたのよ。『どうせ今年もパトリックが優勝するに決まってる。僕らは2位以下を決める戦いをするだけさ』…こんなこと言ってるから、ご覧なさい!メダルどころか4位にも5位にも入れなくて…、そのまま今シーズンも不調を引きずり続けて、ユーロのていたらくと来たら、もう情けないったらありゃしない!」
 
一同「……(滝汗)」
 
メーガン「…ま、まあミハルはまだマシですよね。ほ、ほらユーロでメダルも取ったし…」
 
シェイ「甘~い!」
 
(シェイ、机を再びバーンと叩く。一同ビクッと身を縮める)
 
シェイ「ユーロのメダルぐらいで満足してちゃダメよ!だいたいどう?ユーロ男子のクワド率の低いことったら!第2グループまでは挑戦さえしない。第3グループまで誰も成功してなかったじゃない!」
 
一同「……(滝汗)」
 
シェイ「それに比べ四大陸男子はすごかったわ~。第1グループから見応えたっぷり。第2グループからクワドもどんどん挑戦するし、優勝したケビンは合計5クワドよ!こうでなくちゃ!やっぱり男子はクワド!」
 
一同「……」
 
クリスティン「(ひそひそ)…ねぇ、シェイ先生って、クワド厨だったの?」
 
パイパー「(ひそひそ)…そんなことはないはずだけど…」
 
シェイ「それにしても男子に比べて女子はちょっと物足りないわね。3-3と言ってもトゥループトゥループが主流だし…ロシア女子をご覧なさい!3T3Tでは表彰台にも届きゃしない。3Lz3Tが標準よ!フィギュアスケートはスポーツなんだから、やっぱりこうでなきゃ!男は黙って4回転!女はにっこりルッツトゥ!」
 
一同「……」
 
メーガン「(ひそひそ)…やっぱりジャンプ厨?」
 
ウィーバー「(ひそひそ)…さあ…」
 


オズモンド「あのー、ちなみにシェイ先生。先生は男子の優勝は誰だと思いますか?」
 
シェイ「…え?…だ、男子の優勝…?(困惑)」

テッサ「あら!それはやっぱりパトリックでしょう!何たってあの素晴らしいスケーティング!一回や二回ジャンプミスがあったって、飛び抜けてるわ!私、あの滑りを見てるだけでパンのお代わりいくらでもいけるわ~」
 
シェイ「…そうね。でも、今シーズンどうもジャンプが安定しないからね。私は…」
 
メーガン「あらあ!ジャンプの美しさとプログラムから言ったら、ハビエルじゃないかしら。なんと言ってもあのビッグジャンプ!私、あのチャップリンだーいすき♡」
 
シェイ「それはそうね。でも、ハビエルもアップダウンが激しいからねぇ。やっぱり私は…」
 
オズモンド「私はユヅルだと思うわ。クワドの確実性から言ったら一番だもの。同年代だし、キュートだし、応援したくなっちゃう♡」
 
シェイ「そ、そうね…。でもユヅルは、体力面で不安が残るからね。だから…」
 
ウィーバー「私はダイスケが好きなんだけど、今シーズンはちょっとピリッとしないのよねぇ…」
 
パイパー「ダイスケかあ~。今一番クワドの確率が低いのがダイスケじゃない?」
 
メーガン「そうなのよね~。おまけにあの四大陸の崩れようと来たら…」
 
オズモンド「私、ダイスケの演技楽しみにしてたのに。がっかりしちゃったわ」
 
クリスティン「私も。まさか地元の四大陸でメダルを逃すとはね…」
 
テッサ「そうねぇ…。さすがのダイスケも、今シーズンはメダルは無理でしょうね」
 
シェイ「そんなことないわっ!いい?フィギュアスケートは総合芸術よ!ジャンプだけじゃないんだから。スケーティングもスピンもステップも表現力も全て兼ね備えた選手こそ優勝に値するの。ダイスケを見なさい。ナンパ師から貴公子、ロックにクラシック、オリエンタルミュージックからタンゴまで、ありとあらゆる世界を表現できるのよ!今現在、あれだけのオーラを持った選手は他にいないわっ!」
 
一同「………」
 
 
メーガン「(ひそひそ)…ねぇ、ちょっと…」
 
オズモンド「(ひそひそ)…なに?」
 
メーガン「(ひそひそ)シェイ先生の着てるジャージ…」
 
ウィーバー「(ひそひそ)…え?」
 
クリスティン「(ひそひそ)なに?…あっ!あれは…」
 
シェイのカナダジャージの下に、もう一枚ジャージ。その胸には「D1SK」のロゴが光っていた。
 
一同「………」


オズモンド「(ひそひそ)そうだったの……」

パイパー「(ひそひそ)シェイ先生って、デーヲタだったのね……」

テッサ「(ひそひそ)まさかとは思ったけど……」

シェイ、一同の視線に気づき、慌ててロゴを隠して、コホンと咳払いをする。
  

シェイ「と、とにかく!私たちは私たちなりに、勝ちに行かなくちゃ。私たちならでは、カナダ女子ならではのアピールを…いいこと、女子は何と言っても背中よ!」
 
一同「はいっ!」
 
シェイ「メーガン!」
 
メーガン「はいっ!」
 
シェイ「あなたの背中、素晴らしいわ!さすがカナダ女子、立派に背中で語ってるって感じよ!あなたには「真実の背中」の名を授けるわ」
 
メーガン「はい!」
 
一同、「おぉー」とどよめく。メーガン、得意げに背中をアピール。
 
シェイ「テッサ!」
 
テッサ「はいっ!」
 
シェイ「あなたの背中も素敵よ。さすがはチャンピオン、貫禄が違うわね。あなたには「女王の背中」の名を授けます」
 
テッサ「はいっ!」
 
一同、再び「おぉー」とどよめく。
 
シェイ「クリスティン!パイパー!それにケイトリンたち!」
 
四人「はいっ!」
 
シェイ「いいわね!あなたたちも、しっかり背中をアピールしてらっしゃい!」
 
四人「はいっ!」
 
シェイ「あなたたちは、そうね・・・・クリスティンは「なめらかな背中」パイパーは「楽しい背中」にしましょう。ダンスのケイトリンは「優しい背中」、そしてシングルのケイトリンは「新しい背中」よ!」
 
クリスティン「はーい」
 
パイパー「は~い!」

ウィーバー「はい!」
 
オズモンド「はいっ!」
 
シェイ「さあ!みんな行くわよ!男はジャンプ、女は背中!」
 
一同「男はジャンプ、女は背中!」
 

おわり。



*注*この会話はフィクションです。登場する人物・団体・スケーター等は、実在のものとは一切関係ありません。各スケーター並びに関係者&真面目なファンの皆様、失礼の段はひらにご容赦くださいm(__)m
 

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
*管理者がコメントに返信すると[RES有]となります。
Mie onジュネーブ珍道中2 [RES有]
(05/08)
美輪@管理人 onAOIチューリヒ公演!
(02/23)
ジエンヌ onチューリヒなう! [RES有]
(02/07)
エミリ on大ちゃん。。。
(10/15)
や・よ・い on大ちゃん。。。
(10/14)
最新TB
blog オルシニアン onGPSアサイン(答え合わせ)
(06/18)
blog オルシニアン on大ちゃん優勝おめでとう!(^o^)丿
(03/27)
えっくすぶろぐ onNHKにお願いしましょう!
(03/01)
えっくすぶろぐ on真央ちゃん。
(02/26)
(02/17)
QRコード
広告
gooリサーチモニターに登録!

対戦花札や大富豪、カジノゲームで稼げるポイントバックサイト│ドル箱

プロフィール
HN:
美輪@brownycat
性別:
女性
自己紹介:
1995年阪神淡路大震災に遭う。同年、時実新子に出合い川柳をはじめる。
「川柳大学」元会員、旧公式HP管理人。
ゆうゆう夢工房」会員。
雑誌「現代川柳」編集長。
KCC(神戸新聞文化センター)川柳教室講師、朝日カルチャー芦屋教室川柳講師。
2006年8月より神戸新聞川柳壇選者。
2007年秋よりコープこうべ通信講座川柳教室講師。
2009年4月より甲南カルチャーセンター川柳教室講師。

*神戸新聞2008/1/1~7掲載「源氏物語千年紀 川柳作家とゆく須磨・明石」はこちら

大ちゃんのリンクを守ろう!詳しくはこちら
*リンクの再開・存続が決定しました。


大阪のリンクを守ろう! 詳しくはこちら
*存続が決定しました。今後ともご支援ご協力お願いいたします。


*ここに掲載している川柳作品・文章はすべて私のオリジナルです。著作権法に基づき、無断転載ならびに無断引用は固くお断りいたします。

*コメントはどうぞ御自由に。トラックバックは仕様により現在は受け付けられなくなっております。

*コメント書き込み後にリロードされますと、投稿がダブってしまいますのでご注意ください。コメントを読みたい方は、お手数ですがいったんブラウザを閉じるか、トップページに戻ってから改めて記事の「Comment」をクリックしてください。

*コメントの削除は管理人以外できません。削除ご希望は管理人にお申し出ください。

*メールでのご連絡はこちら

*Twitterはこちら
ついったー
カウンター
ブログ内検索
マイストア2
おすすめ川柳本のストアです。
現在のおすすめ本です。

その他の商品はこちら
BOOKS
*最近読んだ本です。


間違いの悲劇


*エラリー・クイーン最後の作品、というよりは作品のための梗概「間違いの悲劇」。これが完成した姿を見たかったですねえ……。ほかにもクイーン検察局シリーズとか、パズルクラブシリーズなどが載っていて、なかなか楽しいです♪



AMAZON




























AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]